カテゴリー「CANNONDALE」の記事

2019年8月16日 (金)

2020年 キャノンデール展示会 オプティモ

2019年7月 富士急ハイランドホテルにて開催された

キャノンデール展示会に行ってきました。

 

今回紹介するのは定番のアルミロードバイク

CAADオプティモです。

 

オプティモには、これといった特徴はありません。

ごくごく普通のロードです。

だからこそ何でもこなしちゃう、万能な入門ロードです。

 

しいて言えば、コスパが高いのが特徴かな。

 

●CAADオプティモ 105 ¥140,000

2392

ブラックパール

最近は真っ黒なロードが多いのですが、

これはアクセントカラーにレッドを使います。

人気の出そうなカラーです。

 

2393

ウルトラバイオレット

鮮やかなメタリックブルーなムラサキイロ。

CAADオプティモ105は、

クランク、STI、前後ディレイラー、

前後ブレーキアーチ、スプロケットはもちろん、

BBやチェーンまで、本当のフル105で揃えています。

 

あ、ペダルだけは105じゃなくて

トゥクリップ付きプラスティックペダルが付属します。

 

●CAADオプティモ TIAGRA ¥120,000

(画像なし)

ホワイトベースにブラックラインの入ったカシミアと

イエローベースにチャコールラインの入ったNUCLEARイエローが

ラインナップされます。

これも、ティアグラフルセットです。

 

●CAADオプティモ SORA

上位モデルと同じフレームを使いつつも、

税別10万円で買える完成車。

 

方向性の定まっていない初心者方向けのロードとしても良いし、

すでに競技用ロードを持っている方も

通勤用とかトレーニング用にあると便利な一台です。

 

2396

ジェットブラック 

2397

クラッシュ

 

2395

ミッドナイト

 

ほかの画像を見たい方は、ぜひリベルタスへご来店ください。

カタログやWEBでは出てこない場所も

しっかりチェックしてます!!

 

CAADオプティモのご相談・ご注文は

ぜひ、リベルタスでお願いします。

2019年8月13日 (火)

2020年 キャノンデール展示会 トップストーンカーボン

2019年7月 富士急ハイランドホテルにて開催された

キャノンデール展示会に行ってきました。

 

去年デビューしたグラベルロード「トップストーン」に追加されたのが、

今回紹介するトップストーンカーボンです。

 

2499

アルミがカーボンに変わっただけ?

いえいえ、そんな単純すぎる変更じゃなくて、

「キングピン」の採用でスムーズにリアホィールが動くようになったのです。

2386

シートチューブとシートスティの接合部に見える丸いもの。

これがロッカーピボット。

トレックのアイソスピード同様、ベアリングが入ってます。

 

キングピンサスペンションシステムは

ロッカーピボットと特殊な形状をしたリアスティのしなりで

30㎜ストロークします。

 

F-Siと同じ、左右非対称Aiオフセットドライブを採用。

まじかぁ!!!

ホィールは専用品になりますのでご注意ください。

 

ラインナップ

●トップストーンカーボン FORSE eTap AXS ¥595,000

 カラーはブラック&レッドです。

 

●トップストーンカーボン アルテグラRX ¥425,000

 カラーはミッドナイト(ネイビー&グリーン)です。

 

●トップストーンカーボン アルテグラRX2 ¥315,000

 カラーはアガベ(メタリックなセージグリーン)。

2416

 

●トップストーンカーボン 105 ¥275,000

2414

カラーは、ブラックパール、クイックサンド(ベージュ)の2色から選べます。

 

試乗した大出的感想。

 

実は試乗グループの出走時刻に遅刻してしまい、

5分くらい遅れて試乗グループを追いました。

 

ダートコースまでは、やや登りの舗装道路で

距離は2㎞くらいだったと思います。

重いギアでトルクをかけるより、軽いギアでケイデンスを上げると

思っていたよりスピードが出せたので

ダートコースに入る前に、グループに追いつけました。

ドロッパーの取付が可能なので、おすすめします。

 

グラベルロードらしくダートは普通に走れます。

キングピンの恩恵は絶大でした。

2019年8月11日 (日)

2020年 キャノンデール展示会 CAAD13

2019年7月 富士急ハイランドホテルにて開催された

キャノンデール展示会に行ってきました。

 

今回は、ニューモデル・CAAD13をご紹介します。

 

まずはラインナップから。

●DISC FORCE eTap AXS ¥590000

2426

スラムのセカンドグレードFORCEながら、

無線電動シフトeTapと12×2段ギアAXSを採用してます。

コンポの価格だけで¥345,880。

 

ホィールはキャノンデールオリジナルのカーボンクリンチャー

Knot45です。

ホィール単体販売価格は、前後ペア¥285,000なので

コンポとホィールの合計価格で、このモデルは買えちゃいます。

 

 

428

このグレードのみ、カーボン製シートピラーが標準装備されます。

 

トップモデルは、とてもお買い得なのですが、

もうちょっと手の届きやすい価格帯のグレードもあります。

●CAAD13アルテグラ ¥240,000

イエロー、ブラック

 

●CAAD13 Disc 105 ¥210,000

2425

アシッドレッド

2514

マンティス

 

●CAAD13 105 ¥180,000

レッド、ブラック、シェルパ(ピンク)

 

CAAD13はCAAD12までの流れから

大きく変貌したモデルだと思います。

 

究極のアルミレーシングマシーンと謳いつつも

今までなかったフェンダーダボが付きました。

 

ディスクブレーキモデルはタイヤ幅30㎜まで装着可能です。

デフォルトでは28㎜が装着されています。

 

フロントフォークオフセットは、まさかの55㎜。

それに伴って、フロントセンター約60㎝!!

確かにシューズのつま先が、前輪に当たることは無いです。

 

フレーム重量は、1158g。

そのまま比較すると、CAAD12より60gほど重くなります。

シートクランプが不要になり、

ダイレクトマウントブレーキの採用でパーツが軽量化され、

シートポストも前作より40g軽量化(アルミ製)されたので、

ここまでの合計での重量差は、わずか8gです。

 

試乗した大出の感想。

下り坂での安定感がすごく高いです。

フレーム、フォークの剛性アップもありますが、

やはり55㎜オフセットフォークの影響は強いと思いました。

 

その分、キャノンデールらしさは薄れました。

登坂レスポンスの良さが他社並みになってしまった代わりに

下りで時速50㎞を超えるとフワフワする感触は無くなりました。

 

平均すると、性能はややアップしていると思います。

ただ、かつての「カーボンに対抗できるアルミレーシングモデル」ではなく

「レースもツーリングもできる万能ロード」として生まれ変わった感じがしました。

2019年8月10日 (土)

2020年 キャノンデール展示会 シナプス編

2019年7月 富士急ハイランドホテルにて開催された

キャノンデール展示会に行ってきました。

 

今回は、去年デビューしたロングライド・シナプスをご紹介します。

トップモデルは

シナプスHi-mod RED eTap AXS ¥950,000です。

 

セカンドモデル 

シナプス Hi-mod アルテグラDi2 ¥750,000 

2398

シナプスは、かつてキャノンデールがエアロ効果に否定的だった頃の設計なので

標準的な丸いフレームパイプを使ってます。

やや細身のシートポストも丸形です。

2400

BB上で二股に分かれるシートチューブが

路面からの衝撃を和らげてくれます。

このモデルの最大の特徴です。

 

2401

Di2インターフェイス。

 

2402

ノーマルモッドでもアルテグラDi2モデルがあります。

ホィールはフルクラムレーシング600仕様で¥480,000です。

 

ほかの画像を見たい方は、ぜひリベルタスへご来店ください。

カタログやWEBでは出てこない場所も

しっかりチェックしてます!!

 

シナプスのご相談・ご注文は

ぜひ、リベルタスでお願いします。

2020年 キャノンデール展示会 システムSIX

2019年7月 富士急ハイランドホテルにて開催された

キャノンデール展示会に行ってきました。

 

今回は、去年デビューしたエアロロード・システムSIXです。

販売価格は、Hi-modフレーム¥460,000、

Nomal-mod完成車¥490,000からとなっております!

 

2437

EFエデュケーションファースト・チームレプリカ

UCIワールドチームに機材供給してます。

フレーム ¥460,000です。

カーボンのグレードを落としたアルテグラ完成車が

同じカラーで¥680,000と、お買い得です!

 

話題のe-Tap AXSを搭載した

システムシックス Hi-mod ¥950,000

2509

 

完成車は4グレードありますが、

上位3グレードのハンドルセットはキャノンデールKNOTです。

2513

一体型と違って、上下8度の角度調整ができます。

ワイヤーがちょこっとだけ見えちゃう。

 

アルテグラ完成車¥490,000のモデルは

VISIONのハンドルセットです。

2511

これはワイヤーが外部に出てます。

ハンドルセットを交換すれば

上位モデル同様にワイヤーが隠せます。

 

ほかの画像を見たい方は、ぜひリベルタスへご来店ください。

カタログやWEBでは出てこない場所も

しっかりチェックしてます!!

 

システムシックスのご相談・ご注文は

ぜひ、リベルタスでお願いします。

 

2020年 キャノンデール展示会 スーパーSIX編

2019年7月 富士急ハイランドホテルにて開催された

キャノンデール展示会に行ってきました。

 

今回は、フルモデルチェンジしたスーパーSIXです。

2388

画像はもっとたくさんあるのですが、、

その一部をご紹介します。

(ほかの画像もリベルタスにてご覧いただけます)

 

2502

2504

シート部。

シートピンとリアブレーキワイヤー処理(キャリパーモデル)

2531

キャリパーブレーキモデルの

ステアリングコラムはノーマルなスペーサーです。

 

2530

ディスクブレーキモデルの

ステアリングコラムはワイヤー内臓型です。

 

価格やカラーなどは

キャノンデールのサイトでご覧いただけます。

https://www.cannondale.com/ja-JP/Japan/Products/ProductCategory.aspx?nid=50584eb8-d709-42a5-a4f4-126af39d3b58

 

ご相談、ご注文は、ぜひリベルタスへ!

2019年7月24日 (水)

2020年 キャノンデール発表会 セミナー編

7月18日 

富士急ハイランドにて開催された

キャノンデール2020モデル発表会に参加してきました。

 

午前中はホテルの会議室でセミナーです。

キャノンデールジャパン社長のごあいさつの後、

秋吉テックスタッフの「キャノンデールセミナー」が始まりました。

 

いつもの事ですが、

秋吉さんのユニークなセミナーは、

キャノンデールの全スタッフをわき役に巻き込んだ

パフォーマンスショーです。

 

結構、平気で他社製品との性能比較データも出してくれます。

Img_2518

さすがにそのまま見せるわけにはいかないので、

大出の判断で他社名は黒塗りしましたが、、

マウスの使い方が下手なので、うまく消えてません。

読めちゃった人は、見なかった事にしておいて下さい。

 

さらに、自社製品の開発秘話さえも

惜しげもなくポロポロと。

Img_2526

CAAD13のシート部。

シートチューブを鍛造&切削加工して

シートピンを埋め込み、

トップチューブを加えこむように固定することで

柔らかな「しなり」を発生させてます。

 

その技術力の高さも、こんな発想も、

他社ではマネすら出来ないでしょう。

さすが、アルミフレームの先駆者です。

 

Img_2523

今回、多くのモデルに採用されたオフセットシートステイも

ほかのメーカーとは考えが違うのです。

 

キャノンデールにはスカルペルで開発&熟成された

チェーンステイをしならせるSAVEテクノロジーがあるので

今度はシートパイプを前へ突き出すように曲げようとしてます。

 

トップストーンカーボンに至っては

キングピンの採用により、

この構造で30㎜のリアホィールトラベルを確保しました。

 

で、セミナーに参加したキャノンデール販売店のスタッフは

アキヨシズム洗脳されていくのです、、。

 

「スペシャ・ターマックにそっくりだよね。」

確かに見た目はそっくりでも、

中身は全然違うのですよ。

 

「スペシャ・アレーとCAAD13、どっちがお得かな?」

実は、乗り心地が全然違いますから、

CAAD13が良いのではないかと思います。

 

ああ、すごすぎるキャノンデール教。

2020年 キャノンデール発表会 試乗編

7月18日 富士急ハイランドにて開催された

キャノンデール2020モデル発表会に参加してきました。

 

午後2時から4時までの時間限定でしたが、

ニューモデルを試乗できました。

大出が乗ったのは、CAAD13とトップストーンカーボンと

スーパーシックスEVO/Hi-modとシステムシックスです。

 

試乗はスタッフ引率の元、グループ単位で行われました。

Img_2548

大橋スタッフと深沢スタッフが、

トップストーンのグループに参加。

 

川島スタッフと大出は

CAAD13のグループに参加。

Img_2553

青木店長は、、?

あれ?

たぶん、何かに試乗していると思う、、。

 

CAAD13の後に、スーパーシックスEVO/Hi-modの

グループに参加。

雨がひどくなってきた、、。

 

ならば、とばかりにトップストーン試乗に参加。

Img_2564

トップストーンの試乗は、未舗装路を使いました。

最初は単なるダブルトラックでしたが、

先に進むにつれ、轍がえげつないほどの溝になっていて、

MTB向けかと思われるようなの荒れたルート設定でした。

マジ怖かった、、。

 

残り時間でシステムシックスの試乗に参加。

時間的な余裕があまり無いとの事で

ショートカットコースでした。

 

試乗したスタッフの感想はさまざまでした。

自らスーパーSIXに乗ってる大出の印象を言わせてもらえば

CAAD13と新型スーパーSIX に関しては

キャノンデールらしさが薄れた代わりに乗りやすくなった感じです。

システムSIXは従来のキャノンデールらしく

クイックなハンドリングで、

ペダルを踏みこんだ時のレスポンスの良さを残してました。

 

そして、全体的に受けた衝撃は、、

エアロ効果って、すげぇ~!!

って、事です。

 

下りの安定感は、大幅に改善されてました。

狙ったラインに入ってくれるし、

高速でもブレないのは助かります。

群馬CSCの下りでも怖くない、かも!

 

2019年1月24日 (木)

【SALE】 フレーム こっそりとセール続行中です。

初売りセールで大好評だった

キャノンデール 試乗車ばら売り ですが、

まだ、フレームだけ残ってます。

 

キャノンデール スーパーシックスEVO ハイモッド 

フレームセット 定価¥420,000 → セール価格 ¥160,000

 

51028278_1863643690411108_535624478

 

爆安価格に驚いた方も多く、

パーツはほぼ全て完売したのですが、

なにせフレームだけは、サイズ物なので、、、。

身長(股下)が合わなければ、使えないのです。

 
50977498_2484970701578416_261682335

 

セール品のフレームサイズ 52cm は

シートチューブ(C-T) 540mm

トップチューブ水平換算(C-C) 534mm

です。

 

BB中心からサドル上端までのシート高が、

700~720mmの方なら、カッコ良く乗っていただけます。

 

サイズの合う方、

今年はこのフレームに乗り換えて

去年の記録を塗り替えませんか?

ぜひ、ご検討下さい!

2018年8月 2日 (木)

キャノンデール2019モデル展示試乗会

キャノンデールの2019年モデル展示試乗会に行ってきました。

今回の目玉は、キャノンデール初?のエアロロード

システムシックスです。

 

ずらっと並ぶ試乗車、

システムシックスEVOハイモッド Duraace Di2です。

Img_8875

ちなみに販売価格は¥1,050,000(税別)。

ひゃくまんえん超え、、。

この他に税金が8万4千円もかかるのです!!

 

あ、

来年の秋からは消費税が10%になるから

その前に買わないと

さらに2万円以上の余計な出費を払う事になるのか、、。

 

まずは屋内の展示会場にて

システムシックスなどニューモデルの座学!!

休憩時間もスタッフは質疑応答に追われて大変、、。

 

キャノンデール・テックスタッフの秋吉さんです。

Img_8882

で、

実物は買えそうに無いので、がっつり見てきました。

 

システムシックスは、上位モデルのハイモッドと

お手頃モデルのノーマルモッドの2ラインナップに分けられます。

ハイモッドはデュラDi2とアルテDi2の2グレードがあり、

ノーマルモッドはデュラとアルテの2グレード、

合計4グレードの設定です。

 

ノーマルモッド デュラエース ¥640,000(税別)

Img_8974

ハイモッドとノーマルモッドの違いは

コンポだけじゃなくて、

ハンドルセットが違うのも特徴です。

 

ハイモッド用 KNOTシステムハンドル(カーボン)

Img_8978

 

ノーマルモッド用 VISIONメトロン&トライマックス(アルミ)

Img_8975

KNOT(ノットと読む)がカッコよすぎて

VISIONが普通に見えます、、。

 

ちなみにワイヤー処理も異なります。

ハイモッドはDi2なので変速ワイヤーは無く、

電気ケーブルですから目立ちません。

 

でも、ノーマルモッドは変速ワイヤーが内蔵出来ないので

ハンドルからダウンチューブまでの間はむき出しです。

Img_8985

ブレーキホースのみが内蔵されているのが解ります。

 

午後3時。

座学が終わって、やっと試乗の時間!!

と、期待して外に出たら大雨降ってる!!

Img_8986

土砂降りだけど雨宿りしていたら

ラッキーなことに雨がやみました!

あきらめずに残っていた参加者は、晴れ男!!

逆に、

あきらめて帰っちゃった参加者さんが雨男なのか?

 

ともかく、乗れてよかった。

大出が乗ったのは、

システムシックスHiModデュラ

シナプスカーボンHiModデュラ

シナプスカーボンノーマルモッドアルテグラ

そして、未発表のため公開不可モデル

の4台です。

 

詳しい資料はリベルタスにありますので

ぜひ、遊びついでにご覧ください。

もちろん、ご購入のご相談も承ります!!