« ヘイテンゴノカントウ | トップページ | 10/9朝練 »

2022年10月 6日 (木)

赤城ヒルクライム雑記

先月のクラブ活動レポート「赤城ヒルクライム参加レポート」を

昨日アップしました。

2022年9月25日 赤城山ヒルクライム 参加レポート | リベクラおきらくレポート (fc2.com)

 

書きそびれた事が、まだまだあったので

雑記します。

 

会場までの移動中に拾った「現金&財布事件」。

最初は現金しか見つからなかったので、

所有者不明だからこのままもらっておこう、としたのは大出です。

 

でも、その後にお財布が見つかって

中に診察券やカードが入っていて、落とし主が特定されたので

ああ、この人は困っているだろうから返さなくちゃと、

朝4時前の交番へ持ち込んだのでした。

 

財布が見つからなければ、、、と、あさましい考えもよぎりました。

もしそれでも、

大出は交番に届けていたと思います。

自分の行為に誇りを持って、残された時間を過ごしたいのです。

 

良いことしたから、

きっと赤城ヒルクライムも良いことがあっても良いだろう、と

勝手に期待していたのですが、、、。

 

落車。

 

勾配のきつくなり始めるストレートで

計画通りの単独ペースアップをはじめた直後でした。

 

道路左側を走っていた選手がふらついて(?)、

そこを道路中央を直進していた大出が接触。

前を見ていれば、避ける事は出来たはずですが、

大出はこの時、下を見てました。

完全に、追い越す大出のミスです。

今、思い出しても

とても残念で、実に恥ずかしい。

避けられなくて、申し訳ありませんでした。

 

ゴール手前2㎞で両足を攣りそうになった後も

余裕が無かったので下ばかり見ていました。

ガチンコTVで公開されたゴール地点固定カメラの映像でも

周囲を確認しては下を向いている自分の姿を見て

このスタイルはやめようと、改めて思ったのでした。

 

大会に向けて、減量には成功しました。

参加申し込みした時は67㎏以上あった体重も、

大会前には64㎏以下になり、体脂肪も20%未満になりました。

 

結果は気にせず、体調管理のためにヒルクライムに参加する

「リベクラダイエットチーム」を立ち上げましたが

赤城ヒルクライムも終わったので、そのまま解散です。

減量の成功・失敗は本人しか分からないけど、

例え1㎏でも減量出来れば成功だと思います。

 

そして、念願の1時間20分を切って

晴れてシルバーランク入りと思ったのですが、

今年はランク分けが無かったので

幻のシルバーランクになってしまいました。

 

しかも、よくよく調べてみると

このランク分けがとてもビミョーで、

年によっては1時間15分切りがシルバーの時もあり、

すべてウェイブワンの完走記念ジャージによって

クラス分けが行われているみたい。

公式じゃないです。

 

富士ヒルクライムは主催者が認定しているので

ゴール後に完走証と共に、

クラス分けを証明するヘッドスペーサーが郵送されてきたけど

それとは取り組み方が違うのです。

 

ウェイブワンの戦略にのせられただけ?

富士ヒルではシルバーランクに届かないけど

赤城ならあと数秒差だから頑張ろうって、

数年前から夢見ていたのに?

騙された!?

いや、気がつかなかったのが悪いのか?

 

いろいろあった赤城ヒルクライムでした。

来年の参加は保留ですが、

再来年には大出も60代になるので参加したいです。

 

ちなみに今年のヒルクライム中は

中森明菜とプリンセスプリンセスが

ず~っと脳内に流れていたのでした。

« ヘイテンゴノカントウ | トップページ | 10/9朝練 »

おバカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。