« リベルタス・シノプシス 0322 ゆかいなお客様 | トップページ | リベルタス・シノプシス さよなら峰。感謝。 »

2020年3月23日 (月)

リベルタス・シノプシス 0323 シーリング

2011年9月9日 リベルタスは開店しました。

 

この親しみなれた店舗から公共事業開発のため

今月移転する事になりました。

 

思い起こせばいろいろな出来事があり

「常に話題を欠かさない店舗」でありました。

 

いよいよ明日(3月24日)が最終営業日です。

今となっては名残惜しくて仕方がありません。

 

0323 梁に隠された秘密

 

リベルタス店舗は外観も特徴的でしたが

内装も凝ってました。

 

最も目立つのが

天井を升目に覆う梁(はり)じゃないでしょうか?

Img_1018

実は、この梁はホンモノの柱じゃなくて

単なる飾りなのです。

Img_1014

強度は全くありません。

ホィールくらいしか吊るせません。

 

ちなみにセンボンさんは

この梁にシャンデリアを付けてたみたいです。

退店時にはすでに撤去されてましたが、、。

 

00292_20200323151601←かつてのセンボン洋菓子店

 

現在は

残されたシャンデリアの取付穴を利用して、

ホィールを吊るしているのであります。

 

シャンデリアが無いと店内が暗くなるだろうから

対策として

天井に17か所34本の蛍光灯を新たに付けました。

  

これは店舗改装を手掛けたアド宣通さんの提案でした。

確かにシャンデリアより電気代が安いし、明るいはず!

その提案を疑うことなく受け入れたのでした。

 

開店してしばらく経った頃でした。

 

この梁の構造はどうなっているのか覗いてみて、

思わず、絶句。

 

Img_1039

なんと、

梁の内部に蛍光灯が設置されてた!!

 

この梁そのものが、照明器具!!

センボンさんは、間接照明だったのです!!

 

シャンデリアは、飾りだったのか!!

Img_1044

この大胆なデザインを生かせず、

直接照明にしてしまったのが恥ずかしい、、。

自分の見識が浅かった事に後悔したのでした。

 

店舗デザイナーさん、ごめんなさい。

« リベルタス・シノプシス 0322 ゆかいなお客様 | トップページ | リベルタス・シノプシス さよなら峰。感謝。 »

おバカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。