« リベルタス・リプラント 2 | トップページ | リベルタス リプラント 3 »

2020年3月29日 (日)

さよなら、峰! リベルタス撤収

この店舗から去るのは、とても辛いです。

それよりも、建屋を取り壊されてしまうのが

とても残念です。

 

今日は、空っぽになった店舗を

これまでご愛顧いただいた方々に

自由に見納めていただく予定でしたが、

あいにくの天気につき、中止いたしました。

 

その代わりに、大出が撮影してきたので

抜け殻リベルタスを

ご覧ください。

 

Img_1104

入口と駐車場側窓。

駐車場側の天井が一段低くなっているところは

センボンさん時代のイートインスペース。

当時の照明はハロゲンスポットライトだったので

LEDスポットに変更してもらいました。

 

建築屋さんが照度計算したはずなのに、

無茶苦茶暗かったので

LED電球をすべて交換してなんとかなりました。

 

Img_1101

 

壁紙はホワイト系のブロック柄で統一。

 

Img_1102

センボンさん時代からの再利用したドア。

実は、大出のお気に入り。

 

このドアを新店舗へ持って行けないかと

建築屋さんに相談したけど、

今度の物件とはイメージが合わないし、

コストは新品と変わらないと言われて断念しました。

 

これまでさわった事のない「天井排気」スイッチを付けてみたら

轟音とともに、ファンが回りだしました。

深澤スタッフと笑ってしまいました。

 

さらに、怪しいダクトのコードを引いてみたら

開きっぱなしにはなるけど、

閉めることが出来ない排気ダクトでした。

またも大笑い。

 

リベルタスでは使わなかった

大きな分電盤(動力用)には、

ショーケース、冷蔵庫、オーブン、

チョコレートケース、ミキサーの手書き文字。

もちろん、センボンさんの時のままです。

 

壁にドリルで穴をあけても、

夜中まで騒いでも、

誰にも怒られずに

自由にやれた店舗でした。

Img_1107

このデザインが、大好きでした。

 

いつか外装リフォームしようと

大屋根と壁の色を考えたこともありました。

ああ、それなのに、、。

 

非常に残念ではありますが、

いつまでも立ち止まってはいられません。

 

我々は、このラッキーだった店舗を過去の想い出とし

次の店舗での新たなる現実に向き合わなくてはなりません。

 

ありがとう、峰。

« リベルタス・リプラント 2 | トップページ | リベルタス リプラント 3 »

おバカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。