« チューブレスレディとUSTの違い 前編 | トップページ | 不完全燃焼 »

2019年3月15日 (金)

チューブレスレディとUSTの違い 後編

前編で、

チューブレス、チューブレスレディ、USTの違いを書きました。

後編はマビック(UST)が、

他社(チューブレスレディ)とどう違うのか

具体的に説明します。

 

マビック以外のチューブレスレディホィールは

リム断面を見るとこんな感じ。

Img_1451

従来リムと形状は変わりません。

空気漏れ対策をしただけです。

 

で、MAVICが考えたUSTリムの断面がこちら。

Img_1450


リム内面に

「ハンプ」と呼ばれる0.25mmの突起があります。

これが、ビードを上げるためのポイントです。

 

他社のリムには、このハンプが無いのです。

だから、マビックのUSTタイヤだけ使っても

リムがUSTでなければ、タイヤは装着しにくいままで、

本来のUSTの性能は発揮できないのです。

 

ハンプの位置や高さは

おそらくマビックが試行錯誤を繰り返して

たどり着いた結果です。

 

タイヤビードもUSTリム形状に合わせて作る事で

より空気漏れしにくい構造となっています。

 

このリムとタイヤを組み合わせて、

初めて究極のチューブレスレディ「UST」として完成します。

 

カンパやシマノがチューブレスを出し始めた頃、

マビックの担当者に、

なぜマビックはチューブレスを販売しないのか、と

訊ねたことがありました。

 

その時は、

「まだチューブレスは完成していないから。」と

答えられたのを、憶えています。

 

今思えば、あの頃から

USTの開発を始めていたのかも知れません。

« チューブレスレディとUSTの違い 前編 | トップページ | 不完全燃焼 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。