« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月26日 (日)

乗鞍チャレンジ 速報

マウンテンサイクリングin 乗鞍に
 
リベルタスクラブメンバーと共に参加して来ました。
 
会場でお会いした方々、お疲れさまでした。
 

1535281984065.jpg
 
 
速報です。
 
大出のラストリザルト
 
一般男子F 74位 タイム1:20:52
 
 
予想より良いタイムで安心しました。
 
ご応援いただきありがとうございました。

2018年8月24日 (金)

【乗鞍】 大出不在です。

8月25日(土) と 26日(日) の2日間、

大出は乗鞍参加のため不在となります。

Img_9333


富士ヒルの時より、ちょっとだけ減量しました。

その分、最大パワーが落ちた気がします。

これがプラスになるか、マイナスになるか、、、。

 

リベルタスクラブの有志達と一緒に前日入りして

しっかり乗鞍を堪能してきます。

 

観光も含めて、、ね。

2018年8月23日 (木)

SARTO 2019展示会

昨日は都内へ新製品発表会に行ってきました。

 

SARTO(サルト)

イタリア製100%、高級ハンドメイドブランド。

注文生産を基本とするので、納期はかかります。

当然ですが価格は高めです。

 

でも、

良い物を永く使いたい

とか、

完全に気に入った物を手に入れたい

とか考えている方には

とてもありがたいブランドです。

 

とても丁寧な工作は、

見る物を虜にしてしまう、、。

Dsc_0304

 

魔性のブランドです。

大出のお気に入りは、このLAMPO。

Dsc_0305

下方へオフセットしたシートスティ。

シートポストはトップチューブ下側ボルトで固定します。

また、専用シートポストはカムテイル形状の最新エアロデザインです。

Dsc_0308

前後ブレーキはダイレクトマウントです。

 

何、コレだけ?

新型Sワークスターマックとそっくり形状だけど、、。

 

そうかもしれない。

ここまでは、ね。

 

フロント! 

Dsc_0324

ダウンチューブに刻まれたリブ!

フロントフォークにも!

ピナレロのような、カーボン成型技術を駆使してます。

 

リブはトップチューブにもあるのですが、

この位置からは見えませんでした。

 

Dsc_0328


フォークとフレームの接合ラインも、文句なしの美しさ。

この辺が量産品と違うのです。

 

さらに、

注文生産ならではのメリットが、カラー。

 

ほとんどの量産ブランドは、すでに塗装しちゃっているので

あるものから選ぶしか無いのですが、

サルトの場合は

例えばフレームカラーチェンジは¥40,000アップで可能です。

 

さらにこだわるならゼロから自分だけのデザインをしても

¥120,000アップで可能なんです。

 

ちなみに大出のお勧めは

まるで鏡のようなキラッキラな鏡面クロムメッキ仕上げ(グラフィックカラーチェンジ)。

これは¥180,000アップ。

 

さらに、仕様変更も可能なんです。

RAMPOの場合は専用シートピラーも付属してくるので

差額無しでISP仕様にも変更可能。

 

標準仕様のBBはPF86なのですが、

¥10,000のアップチャージで

BB30、ねじ切り(JIS)、PF30に変更が出来ます。

 

極めつけは、ジオメトリーオーダー。

これはたったの¥30,000アップです。

ホリゾンタルフレームにする事も出来るし、

市販に無い小さい(大きい)サイズだって、出来ちゃいます。

 

SARTOのラインナップをご紹介

SETA ¥680,000

ASOLA  ¥640,000

LAMPO ¥650,000(専用ピラー付き)

LAMPO PLUS ¥890,000(専用ステム、ピラー、ハンドル付き)

DINAMICA ¥590,000(DEDAシートピラー付き)

VENETO SL ¥510,000

 

SARTOのWEBサイト

https://jp.sartoantonio.com/

 

 

とても高額なのです。

 

でも、よく検討して。

Sワークス新型だって¥470,000だし、

ドグマF10ではジオメトリーは変えられない、、。

 

そこには大量生産による合理化とか、

コストカットによる価格競争力とかは存在しないのです。

 

SALTOは職人。

イタリアで一台一台を丁寧に手作りします。

同じものは2台と無いのです。

気持ちの問題ですが、こういうコダワリって良いんじゃないかと思います。

2018年8月19日 (日)

グループライド報告

今朝は、グループライドを開催しました。

 

来週、ヒルクライム大会(乗鞍)に参加するため

大出はいつものトレーニング用キンマドンじゃなくて、

レース用のスーパーシックスで参加です。

 

ホンキのレーサーで参加したら

他の参加者に申し訳ないと思ったのですが、

たまたま集まったのはこの2名、、。

Img_9323

中鉢さんと小原さん。

ふたりとも、グループAの先頭を牽く強力なライダーなので

大出がスーパーSIXを使ってもかないません。

たまたまですが、今日はキンマドンじゃなくて良かった。
 

で、今日はグループAのみの開催となりました。 

 

まともに張り合ったら千切られるので

大出はずっとツキイチです。

先頭は中鉢さん、途中から小原さんに交代。

時速40km越えの牽きが数分続くとヤバい。

 

レース機材のおかげで?千切られる事無く

水汲み場まで到着。

しっかり回復させてから、復路スタート。

 

これも往路と同じで、ずっとツキイチ。

ずっと小原さんが一人で牽きっぱなし。

最後のスプリントは中鉢さんがまくって

そのままトップでゴール。

 

往路は小原さんが牽き千切ったものの、

復路は中鉢さんのスプリント炸裂で終わりました。

 

ついて行っただけなのですが、とても疲れた。

しかし、レース直前の機材チェックが

しっかり出来たのはありがたいです。

 

来週のグループライドはお休みです。

ちなみに大出は土日(8/25~26)の2連休となります。

リベルタスは営業しますので

よろしくお願いします。

2018年8月18日 (土)

グループライド予告

明日はグループライドを開催します。

リベルタスを7時30分に出発しますので

5分前にはご集合ください。

 

なお、再来週はマウンテンサイクリングIN乗鞍へ参加するため

グループライドはお休みです。

2018年8月14日 (火)

【ビワイチ】5 湖南エリア

サイクリストなら誰もが夢見る、なんて

絶対にありえないキャッチコピーな
 
琵琶湖1周サイクリングこと、ビワイチに行って来ました。

 

ただ琵琶湖を一周するだけじゃなく、

今夜、大津市での花火大会に間に合うようにゴールするのが

最大の目標なのですが、

ふらっと道草して出会った風景に

過去の自分を思い出すのも楽しみです。

   

ビワイチ最終 湖南エリア

 

ココ、本当は湖西エリアなんだろうけど

ブログの画像容量がオーバーしちゃうので

やむなく湖南エリアに入れた白髭神社から。

 

Img_9129

琵琶湖に浮かぶ鳥居が有名です。

道路を挟んだ反対側には

白髭神社があります。

 

Img_9132

白髭神社(しらひげじんじゃ)です。

 

実は現地の案内看板で確認するまで、

ず~っと白髪神社(しろかみじんじゃ)だと思ってました。

シラガの神社じゃなかったのですね~。

申し訳ありませんでした!!

 

この辺りから、やっとサイクリストと出会うようになり

大出の後ろにぴったり張り付いているローディが

何度か出現しました。

 

まぁ、150km近く走行しているけど

飛ばしていないからまだ脚は残っているし、

せっかくリベルタスクラブのジャージも着ているのだから

ちょっと宣伝のためにも牽いてやろう、と

先頭を譲らず走り続けていると

自然といなくなってしまうのでした。

 

一度だけ、長い登りで脚がヤバくなって

このままじゃ抜かれるのが解った時、

用事も無いのに和邇海岸方面へ左折して逃げました。

あの人、速かったなぁ。

 

そんなおバカな走りをし続けたおかげで

予定よりはやく、大津市へ突入。

 

このままじゃ、

花火大会を長い時間待つことになってしまうので

急遽、寄り道観光です。

 

琵琶湖大橋の中央まで渡れば、

琵琶湖の違う姿が見られるかもしれない。

Img_9142

琵琶湖大橋の中央には展望スポットがありました。

解説用看板もあり、とても解りやすい!

 

実は湖東エリアを走行中に

この琵琶湖大橋の反対側から途中まで登っていたので

これでほぼ横断となります。

 

琵琶湖大橋のかかる東側エリアには

ヤマダ電機があるのですが、

ここにはかつて遊園地で、

直径108mの巨大観覧車「イーゴス108」があった場所なのです。

 

姿形があるうちに来られれば良かったけど、

その時は、まさか無くなるなんて想定していないし。

またもや諸行無常。

乗ってみたかった、、。

 

大津市を走り抜けると

あちこちのコンビニで浴衣をきたおねいさんを見かけるようになります。

いいね~!

ぼちぼち、花火大会会場です。

 

去年は

打ち上げ地点に近い琵琶湖岸沿いから、

なぎさ通りを歩きながら花火を見ようとしたら

多くの観客と有料観覧席の仕切り板に邪魔され、 

歩くこともままならない混み具合に嫌気がさして途中リタイアしてます。

 

その反省から、

今年は打ち上げ場所に近づかなくてもよく見えそうな場所で待機しました。

 

コンビニでプロテインドリンク買って、

補給しながら花火を待ちます。

Img_9151

良い感じの湖岸の砂浜。

夕暮れの砂浜は、ちょっと物寂しくて好きです。

ブルースィングのSUNSETが

脳内BGMになります。

 

夕日が赤く空を照らし、

その上から濃紺の闇がグラデーションをかけます。

 

ホライズン・リニアフェイド。

 

昔のクラインにあったカラーリングは

この美しい夕焼け後の一瞬を切り取ったものでしょう。

今となっては手に入らない宝石のようなバイクです。

 

Img_9156


日が暮れた19時30分。

花火大会、開始です。

 

良い場所、と思ってたら、予想以上に遠かった!

花火が小さくて良く見えない!

 

場所を変えて移動しているうちに

花火大会も終焉になってしまいました。

結局、たどりついたのはどこかの校庭?

Img_9171


フェンスが邪魔だけど、それなりに見られたので満足です。

大出のビワイチは、この花火大会で終了したのでした。

 

湖南エリア 走行データ

走行距離 61.1㎞

走行時間 4時間00分

平均時速 15㎞/h
 

 

 

総合 走行データ

走行距離 214.8㎞

走行時間 12時間11分51秒

平均速度 17km/h

【ビワイチ】4 湖西エリア

根拠は無いけど多くのサイクリストが夢みると言う
 
琵琶湖1周サイクリングこと、ビワイチに行って来ました。

 

ただ琵琶湖を一周するだけじゃなく、

今夜、大津市での花火大会に間に合うようにゴールするのが

最大の目標なのですが、

ふらっと道草して、

キレイなおねいさんに出会うのも楽しみです。

(なんか、変わってきた?)

 

 

湖西エリア、スタート。

琵琶湖1周で唯一、高低差のある地帯です。

 

とは言え、平均斜度は2.4%しかないから

気にしなくても大丈夫。

気にしていないから、、。

平地用リアスプロケット11~25Tで来ているけど、、。

たぶん、

気にしなくても大丈夫。

 

暑さのせいで、脚の筋肉が痙攣しそうになりますが、

ちょっとこらえて峠を越えます。

 

トンネルはとても涼しく、気持ち良い!

 

さらに、下りのトンネルはもっと涼しいです!!

歩道は暗くてよく見えないし、

時々、路面が濡れているし、、。

 

あ、このままのスピードで転んだら

おそらく車道へ落ちちゃうんだろうな~、、。

 

そこへ対向車とか来たらヤバいかもなぁ。

後ろからも自動車来てたら、逃げられないなぁ。

 

大昔見た「天国から来たチャンピオン」を思い出しつつ

ちょっとした恐怖とスリルが、さらに涼しくしてくれました。

 

ゆるやかな山岳地帯(?)を抜けると、マキノです。

有名なメタセコイヤの並木道があります。

Img_9109

メタセコイア並木道の北端。

 

事前調査ではあまり興味なかったのですが、

行ってみて、その美しさに驚き!!

 

いや、すごいな!

メタセコイヤは大きくて、真っすぐに伸びて

牧歌的な光景によく似あうのです。

 

日光の杉並木も、大きくてまっすぐだけど

木漏れ日が、こんなに優しくないのです。

 

Img_9111

そして、この、とっても優しい風景が、

ず~っと続くのです!!

 

ここに来た事は無いけれど、

なぜか、懐かしさを感じます。 

未来少年コナンEDの並木は、

もしかしたらメタセコイヤがモチーフだったのでは?

と、

50代ならではの古い記憶を楽しんでました。

 

ビワイチ行くなら、ぜひとも立ち寄ってほしいポイントです。

 

メタセコイヤ並木の途中にある

マキノピックランド。

事前調査での本命は、ここのジェラートです。

 

Img_9115


マキノの特産品は、栗とお茶。

なので、

マロンジェラートとマキノ茶ジェラートのダブルを注文!

 

マキノ茶ジェラートのチョイスは、

ちょっと勇気のいるチャレンジかと思いましたが

実際には抹茶アイスのような無難に美味しいジェラートでした。

 

マキノピックランドを後にして

メタセコイヤ並木を抜けます。

もう来ることは無いと思うとちょっと残念だけど、

とても良い思い出が出来ました。

 

次の観光ポイントは、琵琶湖湖畔へ戻ります。

かつて 道の駅 しんあさひ風車村 だった

ステージクス高島です。 

Img_9117

道の駅からグランピング施設へリニューアルオープンしたのが

先月7月25日との事でした。

まだ2週間経っていません。

 

とてもキレイな施設でしたが、

あまり利用者は多くありませんでした。

道の駅の名残なのか、風車は3基ありました。

 

琵琶湖湖畔のサイクリングロードに戻ってから

予測通りの追い風です。

ペース上げやすいので助かります。

 

湖西エリア 走行データ

走行距離 31.5㎞

走行時間 1時間29分

平均時速 21㎞/h

2018年8月13日 (月)

【ビワイチ】3 湖北エリア編

誰が言ったか知らないけれど、多くのサイクリストが夢みると言う
 
琵琶湖1周サイクリングこと、ビワイチに行って来ました。

 

ただ琵琶湖を一周するだけじゃなく、

今夜、大津市での花火大会に間に合うようにゴールするのが

最大の目標なのですが、

ふらっと道草して、

想定外の美味しいものやキレイな風景に

出会うのも楽しみです。

 

 

 

湖北エリア、スタート。

彦根から米原へ移動、

補給のため小休憩予定していた

道の駅近江母の郷は定休日でした。

 

やむなくそのまま通過して、長浜入り。

まずは長浜城が見える豊公園。

Img_9076

長浜城は豊臣秀吉が築城しました。

そのせいなのか、、豊公園にはサルが飼育されています。

他の動物は飼育されていないんです。

サルだけなので、ちょっと驚きました。

 

長浜市の見どころは、黒壁スクエアです。

かつて銀行だった建物をリフォームした「黒壁ガラス館」を中心に

小さな工房やギャラリーがあります。

 

さらに今年は30周年記念事業「黒壁三十祭」を開催しています。

ガラス作り体験などもあるので、旅の思い出作りにお勧めです。

Img_9080
 

が、今日はそんな時間的余裕はありません。

目的のでっち羊羹を買いました。

Img_9082

塩饅頭は、ついで買いです。

でっち羊羹は、竹皮に包んで蒸されたお菓子。

 

ようかんの名前こそ付いていますが、

あんこの風味は薄く、小麦のようなでんぷんで固めたお菓子です。

京都のでっち羊羹とは別物でした。

 

黒壁スクエアで休憩したのに

うっかりボトルへの給水を忘れ、そのままビワイチ続行。

 

昼過ぎから太陽が照り始め、

日焼け止めを塗った肌を、ジリジリと焼き付けてくれます。

 

ボトルの水がすぐに無くなります。

のど乾いた~!って、思った時では

すでに補給が遅いんだって。

 

琵琶湖に浮かぶ竹生島が見えます。

この水ならいっぱいあるのになぁ。 

Img_9084

道の駅 湖北みずどりステーション にて

やっと給水。

この周辺は火曜日定休のお店が多いらしく

通過した道の駅は、ほとんど休業でした。

 

午後1時20分。

木ノ本駅付近のつるやパンに、やっと到着。

やっと、の意味は

またもガーミンさんのナビゲートにより

迷子になってしまったのです。

Img_9092


ともかく、昼食を、、。

 

つるやパンと言えば、

サラダパンとサンドウィッチなのですが、

それらは去年、食べ過ぎています。

飽きるほどに、、ね。

 

なので、今回の標的は

つるやパン本店でしか食べられない

おばあちゃん手作りのフレッシュサンドです。

http://www.tsuruyapan.jp/%E6%9C%A8%E4%B9%8B%E6%9C%AC%E6%9C%AC%E5%BA%97.html

Img_9093


平日のおかげ?

お昼時を過ぎていましたが、買えました。

 

ラッキー!!

とても美味しかったです。

 

この他にもチャレンジメニュー的な

メロンパンのクッキー生地で作ったシュークリームのようなものがあって

一口食べるたびにボロボロと崩れてしまい

とても食べづらかったけど、

なぜ普通のメロンパンは下側がパン生地なのかを

よく理解できました。

 

琵琶湖へ戻る時も、ガーミンさん迷路。

しかし、さっき通った道なので

迷わず直進したらコースに復帰しました。

やれやれ。

 

琵琶湖パークウェイは時計回りの一方通行なので、

今回は行けず。

北へずれて、道の駅 塩津海道あぢかまの里へ行くも

またもや火曜定休。

 

琵琶湖の北側は山越えが多く、

トンネル通過しながら、湖西エリアへ向かいます。

トンネル内には歩道が整備されているのですが、

ライトは付けた方が良いです。

 

何も無い山奥の道の真ん中で停車している

とっても迷惑な軽自動車を発見。

Img_9106_2

よく見ると、自動車の下に

大きなコンクリートの固まりが、、。

乗り上げちゃって、動けないみたいです。

 

で、救助しました。

 

右側が取り除いたコンクリートブロックと

外れちゃったインナーカバー。

とりあえず、自動車が動くようになったので、

道路わきへ移動してもらいました。

 

JAFがこの後来るそうなので、大出は撤収。

 

メタセコイヤ並木のあるマキノへ向かいました。

きっとここからは追い風になるはず、、。

 

湖北エリア 走行データ

走行距離 51.3㎞

走行時間 3時間00分

平均時速 17㎞/h

【ビワイチ】2 湖東エリア編

全てのサイクリストと言うわけではないけれど、

多くのサイクリストが夢みる
 
琵琶湖1周サイクリングこと
 
ビワイチに行って来ました。

 

そして、

ただ琵琶湖を一周するだけじゃなく、

今夜、大津市での花火大会に間に合うようにゴールするのが

最大の目標です。

 

 

ほぼ予定通りに石山駅を出発したものの、

スタート直後からガーミンが怪しい道案内をしてます。

 

石山駅を南下するはずなのに、

東へナビしているのです。

おかしいなぁ、と思いつつも

方向音痴な大出はガーミンに従うのでした。

 

しかし、道案内通りに走っているのに

ガーミンから「オフコース」の警告連発。

気が付けば、スタート地点に定めていた

琵琶湖最南端の瀬田唐橋

より1本北側の、なんでもない橋を渡ってました。

 

ピッ!「コース再開」

ガーミンさん、そりゃないよ~。

近道してコース入りしたようです、、。

 

戻るのもめんどくさいし、

これも運命と受け入れて

大出のビワイチは瀬田川大橋(国道1号)からスタートです。

 

Img_9037


琵琶湖わきのサイクリングロードを快適に走行。

琵琶湖を横切る近江大橋、

その左側が今夜の花火大会会場、大津市です。

19時までには戻るぞ~!!

 

まず、最初の目標地点は

第2なぎさ公園にある「サイクリストの聖地」です。

Img_9044


しかし!!

さっそくの道草。

 

まだビワイチ始まったばかりですが、

烏丸記念公園でカッコイイモニュメントが見えたので

ちょこっと寄り道してしまいました。

 

目標地点の第2なぎさ公園は、

ジャイアントストアの目の前にあります。

Img_9048

で、

これがサイクリストの聖地モニュメント。

 

・・・。

 

以前行った

しまなみ海道にも、サイクリストの聖地あったよね。

http://libertas.way-nifty.com/blog/2015/11/2-2e2e.html

 

ジャイアントストアも、

しまなみ海道の両端(今治と尾道)にもあったよね。

 

サイクリストの聖地って、

あと何カ所あるのだろうか?

 

おバカな疑問を気にしながら、

次の目標地点へ移動。

湖岸のさざなみ街道を北上して

彦根入り。

 

彦根と言えば、やっぱ彦根城でしょ。

Img_9063

しかし!!

彦根城は広くて今回観光している時間はありません!!

 

まぁ、去年も来ているし。

 

今回は、パス!!

ひこにゃんのどら焼きだけ買って去る。

Img_9061

実はこれも去年食べているのですが、、。

 

予定よりちょっとだけ時間が余っているので

予定外の観光ポイント探ししてみました。

 

ブールライスという食事を提供している

あらびかという喫茶店が彦根市にあるはずなので、

駅前の観光案内所で確認。

この観光案内所、去年も来ていますね、、。

 

すると、2駅手前に戻るとの事でした。

あ~!!!

さすがに2駅戻るほどの時間は無いな~!

ガーミンに予備目的地として入力しておけば良かった!!

 

コースに戻って、

琵琶湖を見ながら北上。

 

次の目標ポイント

「鳥人間コンテスト会場」に到着。

Img_9070

読売テレビ・日本テレビ系全国ネットで放映される

「鳥人間コンテスト」

の舞台がここなのです!!

もう取り壊しが進んで、カタパルトは小さくなっているけど

感動~!!

来てよかった~!

 

ちなみにコンテストが開催されたのは7月28日で、

ちょうど台風12号が上陸した時でした。

 

悪天候のため一部の部門は開催されなかったようですが、

途中まで開催されたので、

その内容は 8月29日 夜7時 に放送されるそうです。

http://www.ytv.co.jp/birdman/
 

予定より長居してしまいました。

お腹も空いてきたので、

次は昼食ポイントのある湖北エリアへ向かいます。

 

湖東エリア 走行データ

走行距離 70.8㎞

走行時間 3時間38分

平均時速 19㎞/h

2018年8月12日 (日)

グループライド報告

天気が怪しかったのですが、雨は降っていなかったので

今朝はグループライドを開催しました。

Img_9318

ただし、集まったのはグループAのみ、、。

中鉢さん、桑原さん、桜井さんの3名です。

途中からグループBの松川さんが合流したので

大出もグループBで走りました。

 

Img_9320

雨が降りそうだから、今日は水汲み場まで行かず

森林公園周回練習にするはずだったのですが、

古賀志林道は川のように雨水が流れてます。

 

これじゃ、走りたくないぞ、、。

 

と、言う事で、

森林公園入口のセブンイレブンまで引き返し、

いつもと同じ水汲み場ルートになったのでした。

 

グループAの3名と、グループBの2名は別行動。

グループBも時速30㎞前後で走っていますが

全然ペースが合わないです。

 

グループAに水汲み場で待っていてもらって

グループBも水汲み場到着。

しばらく休憩していたら

カントウのロング班もやって来ました。

 

ロング班も水汲み場から折り返しとの事なので

一緒に森林公園まで練習。

中鉢さん、桜井さんを先頭に

桑原さん、大出、桐谷さん、川嶋さんらが追います。

大出はなるべく前に出ないで脚を溜めておいて

最後だけスプリントに参加。

しっかり楽しみました。

ずるい?

2018年8月11日 (土)

グループライド予告

とても微妙な天気になりました。

明日のグループライドは

雨が降っていなかったら開催します。

ただし、路面が濡れているようなら中止です。

その辺の判断は、、、各自に任せます。

2018年8月 9日 (木)

【ビワイチ】1 宇都宮から琵琶湖へ

サイクリストなら誰もが1度はチャレンジを夢みる
 
琵琶湖1周サイクリングこと
 
ビワイチに行って来ました。
 
 
新幹線で行けば楽なのですが、
 
6時の始発でも
 
琵琶湖東側にある米原到着は10時になります。
 
 
当日の夜は琵琶湖南にある大津市にて、
 
琵琶湖花火大会が開催されるので
 
これを見ながらゴールしたい!
 
と、なると
 
スタート地点は琵琶湖南側です。
 
 
米原駅に10時、大津市石山駅で11時。
 
そこから琵琶湖1周200kmを
 
午後7時までに帰るためには
 
平均時速25km、、、。
 
体力的にムリです!
 
 
もっと早く現地入り出来る方法を検討し、
 
その結果、高速バス輪行になりました。
 
 
ほとんどの高速バスは、輪行出来ません。
 
しかし、よく調べてみたら
 
1社だけやってます。
 
この高速バス「ブルーライナーB便」なら
 
東京23時発、長岡京5時35分着で行けます!
 
 
長岡京じゃ、琵琶湖どころか
 
京都さえ通り過ぎちゃっているけど
 
琵琶湖まで引き返しても7時にはスタート出来る、
 
はずです。
 
 
高速バスにロードを載せて壊れないか?
 
バス輪行の条件には、
 
壊れても責任は取らないとあります。
 
なのに、
 
2台重ねて横積みになる場合もあるらしいです。
 
華奢なカーボンロードの上に
 
重いツーリング車を載せられたら
 
壊れるかも?
 
 
で、
 
今回のパッキングは
 
ペダルとリアディレイラーも取り外し、
 
プチプチのエアパッキンで養生します。
 

1533870367746.jpg
 
まずは、宇都宮から新幹線で東京まで移動。
 
東京駅付近の高速バス乗り場から
 
ブルーライナーに載せて、
 
寝ている間に長岡京に到着。
 

1533870368206.jpg
 

1533870368623.jpg
 
幸い2台重ねにされずに済みました。
 
 
長岡京バス乗り場から、西山天王山駅まで
 
輪行袋を抱えて徒歩移動。
 
西山天王山 → 山崎 → 京都 → 
 
大津 → 石山まで電車。
 
石山駅到着は、7時10分。
 
ほぼ予定通りです。
 
 
石山駅でサイクルウェアに着替えて、
 
駅のコインロッカーに
 
着替えや輪行袋やディパックなどを
 
突っ込んで準備完了!
 
 
8月7日7時43分、
 
琵琶湖南端の石山駅より
 
ビワイチがスタートしました。

 

1533870368959.jpg

 

 
 
 

願い事

おバカねたです。
 
トレック展示会のため、
 
関東自転車スタッフと京都に来ています。
 
 
夕べはみんなで京都の七夕まつりを見に行きました。
 

1533772813942.jpg
 

鴨川と堀川の2会場を見てきたのですが、
 
堀川のほうが展示や売店が多く
 
見ごたえありました。
 

1533772814367.jpg
 
短冊に書かれたさまざまな願い事。
 
子供の頃に、自分は何を願ったのか
 
残念な事に
 
内容をまったく覚えていないのですが、
 
大人たちに強要されて
 
間違いなく願いはかけました。
 
 
願い事がかなうなんて別に期待していた訳じゃないし、
 
そんな素直な子供でもなかったし。
 
また、願いに向けて努力するような目標もなかった。
 
 
 
あの頃の自分は、今の自分を願ったのか?
 
 
短冊に願いをかけるより、
 
すでにかなえていなければならない歳になり
 
過去の願い事が気になってしまうのでした。
 

朝ポタ in 京都

トレックの展示会で京都に来ています。
 
一昨日、ビワイチで使ったアカマドンがあるので、
 
ちょっと早起きして
 
朝ポタ in 京都を楽しんでみました。
 
 
行き先は、桂川サイクリングロードです。
 

1533770528801.jpg
 
起点は嵐山。
 
ルートはガーミンにプリセットされている
 
全国サイクリングロードコースです。
 
バッテリー切れない事を祈ります。
 

1533770536401.jpg
 
スタート直後から、桂川の右岸か左岸か
 
はっきり解らず迷子になりかけました。
 
 

1533770541104.jpg
 
これが桂川サイクリングロード。
 
サイクリストよりランナーのほうが多いので
 
練習と言うよりポタリングです。
 

1533770542555.jpg
 
桂川と鴨川の合流点まで行って引き返しました。
 
 
帰りルートもガーミンまかせ。

出発地点をあらかじめ座標登録しておいたので
 
知らない場所でも戻れます。
 
これ、つかいこなせば便利です!
 
 
予定時間どおりりホテルへもどり、
 
朝風呂に入りました。
 
 
今日はこれからダイアテックプロダクツにて、
 
ガーミンのライバル、レザインGPSの展示会です。


2018年8月 8日 (水)

ビワイチ

昨日、
 
念願の琵琶湖1周、完走しました。
 

1533732871389.jpg

 

1533732872064.jpg
 

1533732872522.jpg
 

1533732873041.jpg
 

1533732873755.jpg
 

1533732874293.jpg
 
 
レポートをお楽しみにっ!
 
 
夕べは山科で宿泊して、
 
今朝は京都まで走って、
 
トレックの展示会でまた試乗してます。
 
明日も乗る予定。
 

2018年8月 6日 (月)

【ビワイチ】いよいよ明日です。

いよいよ明日(8月7日)は、琵琶湖一周にチャレンジしてきます。

翌々日からは、京都で開催しているトレック新車発表会も見てきますので

大出は3連休となります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

 

ちなみに

琵琶湖一周の予定ルートです。

 

この後にちょいちょい手直ししているので、

距離はもうちょうっと長くなっちゃってますが、

起点からは200kmちょいです。

駅からの移動距離とか、宿泊先までの移動距離を入れたら

おそらく230kmくらいかな~、と予想してます。

 

まずは、閉店したらすぐJR宇都宮へ行って

東京まで輪行です。

雨、、、止まないかな、、。

【SALE】BROOKSサドル(訳あり品)

クラシカルな製品を作り続けるBROOKSから発売されている、

レトロなのにモダンなサドルをSALEします。

Img_8735

BROOKS カンビウムC17 完成車取り外し品

定価 ¥16,800 → セール価格 ¥13,440

 

まるで木目のように見える模様は、

実際にはありません。

写真にすると、なぜか現れる不思議な模様です。

Img_8741


接写してみた。

なぜか木目は映らないかった、、。

光の反射かなぁ?

 

ベースは天然ゴムで出来ています。

やわらかく、しなやかな素材が

乗り心地を良くしています。

Img_8736

レールの素材はスティール。

レール前後のクランプは、ダイキャストアルミ。

後ろ側には

メタル製BROOKSエンブレムを付けられてます。

Img_8737

サドル表面の素材は、強化されたオーガニックコットン。

すぐれた柔軟性があり、また長期使用に耐えます。

 

415gとちょっと重たいのが欠点ですが、

長時間の乗車を前提とした作りになっているので

ロングライドには最適です。

 

ブルベなどでは、荷物を積んでいるから

この程度の重さは気にならないと思います。

軽量化よりも、座り心地優先の方にお勧めします。

 

サイズ:長さ283mm 幅162mm 高さ52mm

2018年8月 5日 (日)

グループライド報告

今日は久しぶりにグループライドを開催しました。

Img_9014

なんと、今朝は着るウェアが無くて、

4年前にお蔵入りした実業団ジャージで参加です。

久しぶり~!

 

今日の参加者は7名。

Img_9003

山部さん、中鉢さん、水谷さん、藤田さん、松川さん

途中合流:松本さん、撮影係大出です。

 

山部さんと中鉢さんはグループAで、

その他のメンバーはグループBで出発、

なのですが、

途中まで一緒について行きました。

 

Img_9006

なんとか明保通りまでついていけました。

グループBとしては速すぎるペースですので

ここまで一緒に走れただけでも十分成長しています。

 

森林公園入口で松本さんが合流。

グループBは5名となったので、

ここから水汲み場までは5名ローテーションで行きます。

 

大谷街道に出る手前ですでに脚を使い切ってしまったメンバーが

一時ローテから脱落しましたが、

先頭で走行ペースを抑えて

全員が揃ってから仕切り直し。

 

グループAの待つ水汲み場まで

全員で到着しました。

ここからはグループAと合流して引き返しですが、

森林公園入口までの全力走です。

 

あくまでも自分の限界を知るため、

速い人と自分と比較して、何が違うのか感じてもらうのが

全力走の目的です。

なので、

今回は千切れても、途中で待っていません。

森林公園のコンビニまでは、全員が全力アタックしてます。

 

今回は、中鉢さんの一人逃げ。

山部さんと大出は最後のスプリントで山部さんが競り勝ち。

 

スプリント手前まで付いてきていた松本さんの脚力なら

もうグループAで良いんじゃないかと思いました。

 

Img_9011

今日のライド

走行時間 1:41:55(グロスに変えました)

走行距離 45.4㎞

平均速度 26.74km/h

最高速度 54.38km/h

平均ケイデンス 81rpm

最高ケイデンス 171rpm

 

来週も開催します。

たぶん、内容は今回と同じです。

興味のある方はご参加下さい。

2018年8月 3日 (金)

グループライド予告

明後日(8/5)はグループライド開催します。

行先は森林公園、もしくは水汲み場往復です。

 

朝7時30分にリベルタスを出発しますので

5分前にはご集合ください。

 

あ、

ビワイチに着ていくジャージが、無い、、。

2018年8月 2日 (木)

キャノンデール2019モデル展示試乗会

キャノンデールの2019年モデル展示試乗会に行ってきました。

今回の目玉は、キャノンデール初?のエアロロード

システムシックスです。

 

ずらっと並ぶ試乗車、

システムシックスEVOハイモッド Duraace Di2です。

Img_8875

ちなみに販売価格は¥1,050,000(税別)。

ひゃくまんえん超え、、。

この他に税金が8万4千円もかかるのです!!

 

あ、

来年の秋からは消費税が10%になるから

その前に買わないと

さらに2万円以上の余計な出費を払う事になるのか、、。

 

まずは屋内の展示会場にて

システムシックスなどニューモデルの座学!!

休憩時間もスタッフは質疑応答に追われて大変、、。

 

キャノンデール・テックスタッフの秋吉さんです。

Img_8882

で、

実物は買えそうに無いので、がっつり見てきました。

 

システムシックスは、上位モデルのハイモッドと

お手頃モデルのノーマルモッドの2ラインナップに分けられます。

ハイモッドはデュラDi2とアルテDi2の2グレードがあり、

ノーマルモッドはデュラとアルテの2グレード、

合計4グレードの設定です。

 

ノーマルモッド デュラエース ¥640,000(税別)

Img_8974

ハイモッドとノーマルモッドの違いは

コンポだけじゃなくて、

ハンドルセットが違うのも特徴です。

 

ハイモッド用 KNOTシステムハンドル(カーボン)

Img_8978

 

ノーマルモッド用 VISIONメトロン&トライマックス(アルミ)

Img_8975

KNOT(ノットと読む)がカッコよすぎて

VISIONが普通に見えます、、。

 

ちなみにワイヤー処理も異なります。

ハイモッドはDi2なので変速ワイヤーは無く、

電気ケーブルですから目立ちません。

 

でも、ノーマルモッドは変速ワイヤーが内蔵出来ないので

ハンドルからダウンチューブまでの間はむき出しです。

Img_8985

ブレーキホースのみが内蔵されているのが解ります。

 

午後3時。

座学が終わって、やっと試乗の時間!!

と、期待して外に出たら大雨降ってる!!

Img_8986

土砂降りだけど雨宿りしていたら

ラッキーなことに雨がやみました!

あきらめずに残っていた参加者は、晴れ男!!

逆に、

あきらめて帰っちゃった参加者さんが雨男なのか?

 

ともかく、乗れてよかった。

大出が乗ったのは、

システムシックスHiModデュラ

シナプスカーボンHiModデュラ

シナプスカーボンノーマルモッドアルテグラ

そして、未発表のため公開不可モデル

の4台です。

 

詳しい資料はリベルタスにありますので

ぜひ、遊びついでにご覧ください。

もちろん、ご購入のご相談も承ります!!

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »