« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

大出のトレーニング公開 その2

3年前の4月。

JBCF「群馬2Days」に参加して、2日間ともFADだった。

3月の宇都宮クリテも5周目で降ろされたので、

これで3連敗、、。

実業団の厳しさと同時に、自分の甘さを認識した。

 

さいわい落車の傷も大したことなかったので、

群馬2日目は宇都宮へ帰ってから、また自主練に出かけた。

 

たまたま練習中に「教官」と会い、どうしたらもっと強くなれるかと聞いたら

今の3倍の練習をしろ、と言われけれど

すでに睡眠時間を毎日4時間30分にまで削っていたため

これ以上は無理だと即答してしまった、、。

 

本当に無理だったのか?

 

トレーニングの時間は増やせなくても

内容を見直せば良かったのかな、、?

 

当時の主な練習は、深夜のローラー。

インターネットで公開されている

「インターバル・タイマー」を使ってた。

 

3_2

FTPを入力すれば、

インターバルの強度と時間を指定してくれるので、

それに合わせてもがきまくる、、。

 

パワーメーターとインターネット環境が

この「インターバル・タイマー」の条件だ。

Img_1865

 

レベルが高くて途中リタイアすることもあった。

意識が飛んで、ローラーから落ちそうになることも。

 

それでも、高いレベルの練習をやれば、

きっと強くなれると信じていた。

 

今、思うと、これは間違っていたのかもしれない。

 

最近の練習は、もっぱらZwift。

勝手にトレーニングメニューを用意してくれているから

それをこなしていくだけ。

 

しかし、

確実にメニュー通りにインターバルできる程度の負荷。

なんだか物足りないけど、

メニュー途中でリタイアしたことはない。

 

それどころか、インターバルタイマーの時より

激しく汗をかくようになった。

それだけ疲労している、と、言うことか?

 

目の前につるしたニンジンを食べさせながら

うまく負荷をかける(物足りない強度)ことで

結果、激しい運動量になっているのか?

 

Img_1863


Zwiftは月々¥1,200。

さらに、PCとパワーメーターの接続に

ANT+ドングルが必要になる。

Img_1864

タブレット(iPad)やスマートフォンなら、

ブルートゥースでOK。

 

使える環境と機材は限られている。

安く始めるならスマートトレーナーがおすすめ。

片側パイオニア、ステージスの片側パワーメーター使用もアリ。

もっとも、左クランク側に十分なクリアランスがあるバイクに限る。

 

どうせならトレーニングは、

短時間で、

楽しくて、

強くなるのが良い。

 

Zwiftは実走の時間が取れない方に

おすすめのトレーニングです。

2017年9月29日 (金)

ゆる朝錬~初心者向け

先週予告した「ゆるい朝練(?)」を

いよいよ10月1日に開催します。

 

第1回目は、リベルタスから道の駅いちかいまでの往復36kmです。

 

道の駅いちかいにある、カフェ三四八にて

モーニングコーヒーを堪能して引き返すだけ。

現地で30分休憩して、行き帰りは2時間の予定。

 

つまり、平均時速は18km/h程度、

巡行でも25km/h程度じゃないかと思われます。

これなら誰でも参加出来るけど、、、、、。

走りなれている人には物足りないかも知れません。

 

そんな方は、先行下見をお願いします。

遅い集団より先に道の駅まで行って、

コーヒーでくつろぎながら待ってて下さい。

行きつく場所は同じだから、

参加者各自がプランを決めるのも良いかなと思います。

 

まずは参加してみましょう。

距離も短いので、ウェアは自転車専用のじゃなくても

ふつうのスポーツウェアで大丈夫です。

ただ、安全上ヘルメットはご着用下さい。

 

リベルタス出発7時30分出発なので、5分前にはご集合ください。

10時にはリベルタスへ戻る予定です。

 

ゆる朝練に関しては、試験的な開催としております。

今後の開催予定は、10月15日、29日、11月5日、11月19日ですが、

天候によっては開催できない日もあるかと思います。

よろしくご参加下さい。

2017年9月25日 (月)

2018年 GUSTO展示会

ちょっと前のネタですが、、

GUSTOの展示会へ行ってきました!

 

と~ってもコストパフォーマンスの高い

新ブランドです。

Img_1734

マスコットの熊、、、。

彼は「アタ吉」と言います。

ジャパンカップでは着ぐるみでパフォーマンスしてますから

ぜひ、グストのブースへ行ってみましょう。

 

もともとアタッキは、カーボンの製品メーカーなので

そのブランド「グスト」は当然自社製品。

ゆえにコストパフォーマンスが高いのです。

 

Img_1735


例えば、この「RCR-TE エリート」。

東レのT1000カーボンフレームに、シマノ5800をフルアッセンブルし、

ホィールだって、カンパカムシンG3を付けてます。

これで、完成車¥189,000なんです!

 

他社ならT1000を使うのはトップグレードだけです。

ピナレロの場合、ドグマはT1100だけど、GAN-RSはT800。

GAN-SがT700で、GANはT600。

 

カレラの場合、AR-01・エラクルエアー・SL7がT800で、

フィブラEVO、ヴェレーノTS、ニトロSLがT700。

 

グエルチョッティの場合、エウレカAIRがT1100GとT900とT700のミックス、

E740がT1000/T900/T700ミックス、エウレカDX50はT300/T400/T800ミックスです。

 

※基本的にフレーム全部を同じカーボンで作ることは無いので

 グエルチョッティの表示は、おそらく素材の優先使用順でしょう。

 とても良心的です。

 

他社が40~60万円相当なので、

グストの価格設定が間違っているように見えますが

間違っていないのです!

 

グスト・ジャパンのリンク

https://gustobike.wixsite.com/attaquebikejapan

取り扱いディーラーに、リベルタスも登録されてます。

グスト買うなら

正規販売店のリベルタスにてご検討をお願いします。

2017年9月24日 (日)

10月からの朝練予告

10月1日の朝練からは、

実験的に「初心者グループ(仮称)」を始めます。

現状の千切り練は練習には良いけど、

いつも同じメンバーで楽しくない、と言うのがホンネだったりします。

 

もちろん、千切り練も継続しますが、

大出は初心者練に付き合います。

 

ルートは、リベルタスから道の駅いちかいまでの

片道18km、往復36kmを基本とします。

 

気になる走行ペースは、ぐっと押さえて25~28km/h巡行で。

登り、下りでスピードは変わるけど、

往復36kmの道のりを、2時間で走るイメージです。

 

ただ、走るだけじゃもったいないので

道の駅いちかいにある、カフェ三四八(サシバ)にて

モーニングコーヒー(9時までなら¥200)を楽しみます。

・・・・だから、7時30分出発。

1時間30分あれば、18kmは余裕で走れるでしょ。

 

コーヒー飲みながら、

行きライドでの反省や、

ペダリング・ポジションなどの質問も

ざっくばらんに受ける予定です。

 

初心者で何もわからないとか、

レースは目指さないけどロード乗ってるとか

とりあえず誰かと走ってみたいとか、

ちょっとポジション見て欲しいとか、

 

そんな疑問をもった人にとって、

気軽に参加できる「初心者朝練(仮称)」を

試験的に10月と11月は開催してみて

好評なら継続します。

 

参加資格は中学生以上なら

どなたでも自由にご参加いただけますので

この機会にチャレンジしてみませんか?

もちろん、参加費無料、途中離脱自由です。

朝練報告と、、。

今朝の朝練は6名。

__

右から

髙石さん、木村さん、佐藤さん、桐谷さん、岸さん、

そして撮影係@大出です。

 

岸さん、朝練は初参加です。

「最後からゆっくり行きますから、先に行ってください」

 

いつもの千切り練ですから、

鬼怒川を越えてから道の駅いちかい、そして道の駅もてぎまでは

自由走行となってます。

 

今日は、超特急な参加者がいないので、

比較的平和かな~、と思っていたけど

ブランク明けの佐藤さんが、まさかのアタック。

 

幸い、信号ストップで千切られることはなかったけど、

あなどれない存在は変わってません。

 

集団はほぼまとまったまま、

18km地点である道の駅いちかいへ到着。

佐藤さんは用事があるので、

ここから引き返しました。お疲れ様でした。

小休止してから、再度、もてぎへ向けて出発。

 

髙石さんのカウンター、木村さんのアタック、

どれも決まらず。 

天矢場の信号から狙っていた大出アタックが決まり

作戦通り、もてぎまで逃げ切り。

 

25km地点、道の駅もてぎで折り返し。

岸さんと桐谷さんは、ここから離脱して帰りました。

お疲れ様でした。

 

残った3人で千切り合い。

実力が拮抗しているので、簡単に平地では千切れない。

登りか、スタートで千切るしかない。

 

けど、

その事を理解しているのは大出だけ。

どう戦うのか?

今回の大出の作戦を公開しておこうと思う。

参考になれば幸いです。

 

平地では、30w程度のアップでは千切れない。

もしろ自分の脚を削って、後続を回復させるだけ。

できるだけ2番手を死守し

こずるい走りで脚を溜める。

 

登りアタック、青信号ダッシュならたった20w上げるだけでも

引き離せる時もある。

これを繰り返して

確実に他の2人の脚を削る。

(しかし、2人は気が付いていない。)

 

平地では先行させて、背後から微妙な変化を観察。

ペダリングのムラや、走行ペースが落ち始めたら

体力の限界が近づいているはず。

もうすぐチャンスだ!

 

しかし、回復されては元も子もないので

この兆しが見えたら、思い切り、例のアタックを決行!

登りか、青信号で、チャンスを逃さず使う。

 

今回はハードオフ付近の緩やかな登りからアタック。

先の信号のタイミングを合わせて通過し、

アタック成功。

 

実力差があると無意味な作戦ですが、

知っているのと知らずに踊らされるのでは

全然違います。

せこい走りだけどね~。

2017年9月22日 (金)

朝練予告

今度の日曜は朝練やります。

朝7時30分にリベルタスを出発するので

5分前にはご集合ください。

今回も、道の駅もてぎ往復の千切り練です。

2017年9月21日 (木)

2018展示会 某社

「類似品にご注意下さい」

 

今回、某社の展示会場で

こんなのを見つけてしまいました。

Img_1851

ブロンプトンそっくり!!
 

Img_1856

しかし、強度不足!!

Img_1854_2

商品名は未確定らしいけど、

タグにはしっかりブロンプトンFDと書かれていた。
 

悲しいですが、この企業は

大手通販サイトや大型サイクルチェーン店で

一般車を販売されています。

 

この偽ブロンプトンはサンプルとありましたが、

本物と比較したら、あまりにもお粗末。

安売りされる類似品は、

しょせんニセモノでしかありません。

 

ブロンプトンもそうですが、

ほとんどの場合通販禁止ですので

インターネットで自転車を買う場合はお気を付け下さい。

水曜ポタ

昨日はお休みだったので、

ひさしぶりにロングポタリングへ行きました。

 

ちょうど都内でJOBインターナショナルさんが

GIOS&BASSOの2018年モデル展示会やっているので

一石二鳥です。

 

6時30分

西川田駅近くのコインパーキングから出発。

天気は曇りで弱い追い風と、最高の条件!

 

スタートしてすぐトラブル発生。

サブメーターとして使っているキャットアイメーターが

バッテリー残量警告を表示しているうえに、

表示がマイル単位になってる、、。

 

一度バッテリ切れしてリセットされちゃったのに気付かず

今回たまたま起動させたみたい。

このキャットアイはメモリーが無いので、

バッテリー切れしたら、すべてデータが消えます。

今日のライドは、メインのユピテルが頼りです。

 

新4号側道は栗がたくさん落ちてました。

間違って踏んだらパンクします。

注意深く避けながら、クリ地雷地帯を通過。

思ってたよりペースダウン。

 

Img_1813_2

利根川渡って、江戸川サイクリングロード突入!

ここから巻き返す!

と、決めていたけど、、。

 

今度はイモムシ。

巨大なイモムシが、サイクリングロードを横断している。

しかも、うじゃうじゃと、、、。

気持ちが悪い、、。

これは踏みたくない!

 

またもペースダウンしながら避けて走る。

路面ばかり見ていたら、

ススキについてた蜘蛛の巣に引っかかった!

さらにその後、

蚊柱にも2回突入してしまった!

 

その後の悲惨なヘルメットが、コレ。

Img_1857_2

画像じゃわからないけど、

蜘蛛の巣にからまった羽虫が

ウニュウニュ動いているんですよ!!

もう、嫌~!!

 

速攻、ウェットティッシュでキレイにしました。

帰りは別ルートにしようと決意。

 

Img_1816_2

10時54分、都内到着。

なんとか4時間30分切り。

 

浅草でやってるJOBさんの展示会を見てから

せっかくなので北千住のドンレミーで昼食。

 

Img_1858

プリンは前菜でしょ。

 
Img_1859

ごま餡子のお団子。

 
Img_1860

メイン。

クリーム食べ過ぎて気持ちが悪くなった、、。

 

近くのコンビニで口直しのアイス。

Img_1861

イチゴ味のホールランバー。

残念ながらハズレ。

 

展示会でもらった資料が予想より多く、

背中の荷物が重くなったので

帰りはのんびりと。

イモムシのいた江戸川サイクリングロードを避けて、

国道4号を北上。

 

越谷の分岐で新4号へ道を替え、

多少のクリ地雷は覚悟で帰還したけど

北上側の復道は栗が少なかった。

 

心配だったキャットアイは

最後までバッテリ切れせずに済みました。

(翌朝、バッテリ切れしてました)

 

今日のライド

キャットアイのデータ 

走行時間 8:39:54

走行距離 130.14マイル (209.4km)

平均速度 14.9マイル/h (23.98km/h)

最高速度 29.0マイル/h (46.67km/h)

距離の単位がマイルだったから、

1マイル1609.344mで変換しました。

2018年 GIOS発表会

2018年。

GIOS創立70周年です。

Img_1824_2

大出としては、100年越えブランドと思っていたので、

ちょっと意外でした。

 

余談ですが2017年は関東自転車株式会社も70周年なので

GIOSと同い年なんですね!!

 

70周年記念モデル「SETTANTA(セッタンタ)」が発表されました。

イタリア語で70の意味だそうです。

 

価格は¥298,000(フレームセット)とお安めの設定。

サイズは48,50,52,54,56を設定しました。

素材はコロンバススピリットをベースとしてます。

Img_1825

70周年マーク。シリアルナンバーは無い。


Img_1826

特徴的なシートスティ。

画像では分かりにくいけど、CAAD12のように扁平させてある。

 

アルミのカンパで組みたいですね。

ご予約お待ちしております。

 

 

Img_1822
パント ¥148,000

GIOSのミニベロラインアップ中、最上位モデルがこのパント。

クロモリフレーム(カーボンフォーク)で9.7kgとは、なかなか。

ライバルのラレーRSCとよく比較されます。

 

2018年もブレーキは変わらずBR451、、。

コンポーネントはティアグラなのに、統一できない。

Img_1821
 
上ブリッジの設計上、

シマノのロードブレーキキャリパー(105とかティアグラ)より

大きいキャリパーを使用します。

もうちょっと下げてくれれば、ロードキャリパーが使えるのに残念です。

 

同じ理由でGIOSの2018年小径車は、

すべてラージキャリパーです。

ブレーキのアップグレードを検討される方はご注意下さい。

2017年9月18日 (月)

おきなわ準備、進行中!

すね毛を剃りました。

実に3年ぶりです。

 

富士ヒルクライムも、ハルヒルも、

JCRC参戦時も剃らなかったけど、

ツール・ド・おきなわは別格!

と、思っています。

 

往復の飛行機チケットと

おきなわ滞在中のレンタカーは、すでに手配済み。

しかし、予約したフィットシャトルとは

どのくらいの大きさなのか未確認だけど、

たぶん自転車箱とロード1台くらいは入るでしょう。

 

あとは11日の宿を手配して、

観光情報を収集しなくては!

 

初めておきなわまで行くのだから、、、。

いや、

もう二度と行けないだろうし、、、。

 

今回の観光は、思い出作り。

ツール・ド・おきなわレース本番と同じくらい

とても大切な任務なのです。

 

観光に使える時間的猶予は、

レース後の日曜午後から火曜日午前中まで。

良い経験が出来る事を祈ってます。

 

心配なのは、副鼻腔かな。

飛行機の気圧変化に耐えられなくて、ひどい時は吐血。

毎回、着陸後は頭痛のため

しばらく動けなくなるのです、、。

2018 トライスポーツ展示会

去る9月13日に都内で開催された

トライスポーツ展示会の様子です。

 

トライスポーツさんには大変申し訳ないのですが、

シマノフェスティバルと同日開催、

しかも会場は同じ品川なので、

シマノのついでに見てきた、と言うのが本音です。

 

トライスポーツで扱う商品は

超軽量だったり、

激安だったり、

誰も思いつかないようなアイディア商品だったり、

とてもユニークです。

 

大出は、個人的に

チェーンオイル「イノテック105」と

「スクワートドライルブ」を使ってます。

イノテックはリベルタスでも人気のオイルです。

 

今回は、インソール。

http://www.trisports.jp/?q=catalog/node/8613

熱成型できるバイオンテックインソールを

その場で購入し、成型してもらいました。

Img_1728

ビンディングシューズじゃないけど、、。

 

2~3回は成型し直しできるとの事なので

あとでレーサーシューズにも試してみようと思います。

 

それと、、

滑り止めシール

Img_1729

STIレバー用のシール¥2,300が

リベルタスに入荷してます。

おすすめです。

2018 シマノフェスティバル

遅くなりましたが、9月13日に行った

シマノフェスティバルの様子です。

 

2018年のシマノ新製品で、

大出が最も興味あったのは、

新発売のR8000系アルテグラに追加された

電動アルテグラ(R8050シリーズ)

アルテグラ油圧式ディスクブレーキ(ST-R8020,BR-R8070)です。

 

さらに、電動アルテで油圧式ブレーキセットもあるので、

STIレバーだけでも4種類になります。

 

●ST-R8000 機械式ブレーキ ワイヤー式変速

●ST-R8050 機械式ブレーキ 電動変速(Di2)

●ST-R8020 油圧ディスクブレーキ ワイヤー式変速

●ST-R8070 油圧ディスクブレーキ 電動変速(Di2)

 

で、

大勢の見物者をかき分けて、展示品に近づく事に成功!

さっそく展示品をいじりまくる、、。

Img_1722

ST-R8020 油圧ディスクSTI (ワイヤー変速)

従来の油圧STI(RS505とか)見慣れているせいか

意外と小さい。

 


Img_1723

ST-R8070 (油圧ディスク 電動シフトDi2)

え?

こんなに小さいの?

Img_1725


比較してみる、、。

まじすか?

ST-R8070をご検討の方、

ぜひご相談下さい。

 

あと、気になると言えば

生産がずいぶん遅れて、

未だに納品できずご迷惑をおかけしている

デュラエース パワーメーター内蔵クランク

「FC-R9100-P」

発表は去年のシマノフェスティバルだったから、

もう1年経っちゃったのですね、、。

 

2月に受注開始した時は、6月には納品と言っていたのに

7月になったら8月だと言われ、

8月の終わりには9月から徐々に出荷と延ばされ、

9月上旬に、やっと170mmのが1ペア入荷(深澤スタッフ分)し、

その前に注文している172.5mmについては

10月以降に徐々に入荷の見込みとか、、。

 

2月の注文ですよ~!!

何とかしてくれ~!!

 

価格は変わらず¥143,662です。

ギア無しでの販売設定もありますが、

別売りギアが高いのでギア付きでの購入がお得です。

 

Img_1715


サンプル車はガーミンEDGE520で表示してました。

シマノではメーター(ディスプレイ)を作る予定が無いそうです。

 

アルテグラクランク版は出ないのか?と聞いたら

デュラエースでさえ生産が出来ていないので

次の段階は、まだまだ無理との事でした。

コストダウンを狙っている方は他社に期待しましょう!

 

しかし、

すごく混み合っている会場でした。

2017年9月16日 (土)

朝練予告

明日はクラブツーリングの予定でしたが

台風が接近しているので

ツーリングそのものが中止になりました。

 

朝から雨の予報なので、朝練も無理だと思います。

ローラーなら大丈夫かな?

 

7時30分からZWIFTやります。たぶん、、。

よかったら参加して下さい。

2017年9月14日 (木)

明日は大出が不在です

9月15日(金)は、

新宿でスペシャライズドの新モデル発表会があるので

大出は不在です。

 

リベルタスは営業していますので、よろしくです。

 

さてさて、

何が見られるのか?

 

ちなみに一般の方は午後5時30分より見られます。

2018展示会 ラレー

イギリスブランドのラレーですが、

実は日本モデルは日本で設計されてます。

イギリス本国のサイトを見ると、

日本のラレーの方が良い物を作っていて

単なるライセンス物とは違うのが解ります。

 

実はアメリカにもラレーはあって、

これもアメリカらしいラインナップになってます。

 

で、今回注目したのはコレ。

Img_1692


CR-C (カールトンーC)

レイノルズ631クロモリチューブで作られた

グラベル?シクロクロス?バイク。

50Cまで対応できるワイドなクリアランスは

幅広い遊びに対応できそう。

 

シマノティアグラ&油圧Discブレーキ仕様で

価格は¥240,000

 

CR-Rが復活してました。

Img_1691

Tig溶接チューブ、インテグレイテッドヘッド、

ブレーキワイヤー内蔵と、手間かけてます。

CR-Fと同じレイノルズ631だけど、

フロントフォークはコロンバスフルカーボンフォーク。

R8000アルテグラフルセットで、¥295,000。

 

そして、ラレーブランドじゃないんだけど

日本でラレーを企画販売しているアラヤ工業のミニベロを紹介。 

Img_1702

MF-M (マデイフォックス・ミニ)

日常使い出来るタイヤ幅の広いミニベロとして

企画したそうですが、、、。

そんな需要が多くあるはずもなく、、。

 

すき間狙いすぎ!

でも、それが魅力!!

ちなみに27.5のサスフォークへのチューンナップも可能です。

 

企画をやっている人間(Nさん)がマニアックすぎるんだな~。

 

余談ですが、

40年ほど前にラレーを輸入していたのは

あのホンダとスズキです。

 

大出はその当時のラレー(ポンコツ)を3台持っていて、

まとめて「3こイチ」にした物を乗っていたことがあります。

 

当時のラレーには「ALL STEEL BICYCLE」と書かれていて

何だ、そんなの当たり前じゃないか、と思っていたのですが、

この展示会でNさんから

その本当の意味を教えてもらいました。

 

大昔の金属加工では、

フォーククラウンが鋳造でしか作れなかったために

衝撃で割れる事が多かったらしいのです。

ラレーは鋳造鉄(キャスト)を使わずに、

鉄パイプで構成した独特の3ピースクラウンを開発したことで

初めてオールスティールな自転車だと言えたらしいのです。

 

う~ん、そりゃすごい昔話だな。

解る人が少ないだろうし、、、。

このネタに感動した大出が変人なのか?

2018展示会 KOGA

KOGA 2018年モデル

Img_1678

オランダの老舗「KOGA」の最新機材をご紹介します!

 

まずは、金属バット!!

キメラALの高度な加工技術を使って生産された金属バットは

グリップを他社より細く絞りこむ事により

怠けている選手をどつきやすくなりました。

来年度もKOGAがサポートするSEGチームの活躍が期待されます。

 

冗談はさておき、

KOGAは

非常に高いアルミ加工技術を持っている会社です。

去年まではA-Limitedと言う

超軽量アルミロードを生産していましたし、

今でもKIMERA-ALとして、

戦闘力の高いロードとピストを作ってます。

 

そんな中で大出が注目したのはコレ。

Img_1675



COLMARO Disc フレームセット ¥169,800(税別)

2017年にデビューするはずだったけど、

見ないままに終わった幻?のニューモデル。

 

これもグラベルロードですが、

かなり細かいところまで作りこんでいます。

特に目立たないように隠したフェンダーダボは

昔に流行ったギミックの様で、個人的に大好きです。

 

あと、これも今年デビューしているけど

キメラALピスト フレームセット \99,800(税別)

公道走行も考慮して、前後ブレーキ対応してました。

 

A-limitedは、2018年消滅。。

2017年9月12日 (火)

今年最多の展示会

明日は定休日なのですが、

都内で展示会があります。

 

なんと、15社。

ほとんどの展示会場は9時から17時までの開催なので、

わずか8時間しかありません。

 

しかも、会場は

品川駅付近(7社)、三田駅付近(3社)、

八丁堀(1社)、浅草駅付近(2社)、北千住駅付近(1社)、

千駄ヶ谷駅付近(1社)、と、バラバラ。

 

移動時間も含めて8時間で回り切れるのか?

 

ちなみに過去は、

12社前後で時間切れになる事が多かったです。

今回こそパーフェクト達成か?

 

品川駅に7社が集中しているのは、

シマノが品川で開催するため。

 

シマノの新製品発表会となれば、

ほとんどのサイクルショップが参加します。

もう、この日の品川駅は自転車屋さんだらけです。

 

この付近で展示会を開催していれば、

ついでに立ち寄ってもらえるので

宣伝効果は抜群なのです。

 

資金力のある業者さんは、シマノのすぐ近くに会場を設け、

資金や人材に乏しい業者さんは、

ちょっと離れた会場や

同じ品川でも狭い会場となります。

 

さらに浅草では、

第2勢力となるカワシマサイクルが

パールイズミと合同開催する事で、

浅草周辺にも、自転車屋さんの群れが出来ます。

 

品川周辺を見たら、浅草周辺へ

もしくはその逆で

移動するショップが多いのではないでしょうか?

 

品川にも浅草にも出店する資金の無い業者さんは、

その移動途中での会場設置を狙います。

そりゃ、名前が売れていない業者とか

滅多に売れないような商品を扱っている業者さんは

この時が一番の宣伝なのです。

 

どの業者さんも、いろいろと苦労しながら

出来る限りのベストを尽くしてます。

彼らの努力を無駄にしないためにも、

1社残さず回りたいと思ってます。

2017年9月10日 (日)

朝練報告

今朝の朝練。

ものすごくキツかった、、。

 

なぜかと言えば、

このメンバーだったから。

___2


小原さん、石下さん、そして大出の3人。

 

千切れないように、ツキイチで追う事を決意。

しかし、

道の駅いちかいを過ぎたあたりで千切られました、、。

 

たぶん、そうなるだろうと

今日はラップを取っておきました。

 

いちかいまでのラップ

走行時間 0:30:02

走行距離 17.7km

獲得標高 61.6m

パワー Avg201.8W Max676W

ケイデンス Avg80.0rpm Max133rpm

スピード Avg35.4km/h Max57.3km/h

 

いちかいで千切れてしまってからの単独走。

道の駅もてぎで合流するまでのラップ

走行時間 0:14:22

走行距離 7.5km

獲得標高 60.9m

パワー Avg195.8W Max611W

ケイデンス Avg70.0rpm Max103rpm

スピード Avg31.5km/h Max52.9km/h

 

たった14分の走行なのに、平均速度が大きく落ちてます。

単独走では空気抵抗を受けているので、

パワーの落ち方が僅かでも、スピードはモロに落ちるのです。

千切れてしまうとこんな感じです。

 

道の駅もてぎで合流し、

しっかり休憩してから後半戦です。

今回は到着が早かった(いちかいで休憩しなかった)ので

復路は芝ざくら公園~八ツ木台経由で帰ります。

 

もてぎからは大出が先頭に出たのですが

当然、牽ける脚はなく、すぐにツキイチへ。

いちかいの旧市街を抜けて芝ざくら公園の手前まで

ついて行けました、、。

 

芝ざくら公園の登りで千切れてしまい、

その後、八ツ木台で両脚を攣りかけ、

だましだまし回復させながら追走、、。

 

死にかけながら走っていたら

途中でHONDAジャージの方と運よく合流、

ずっと牽いてもらいました。

ありがとうございます!!

 

おかげで先行する2人が見えるところまで追いつくも

HONDAさんとは大仙ドライブイン交差点で別れてしまい

またも単独、またも遅れることに、、、。

 

で、最後まで追いつかずにリベルタス到着でした。

 

もてぎ~芝ざくら公園~八ツ木台~リベルタスのラップ

走行時間 1:12:49

走行距離 36.2km

獲得標高 281.9m

パワー Avg186.4W Max633W

ケイデンス Avg70.0rpm Max115rpm

スピード Avg29.9km/h Max54.1km/h

 

もう、見ての通りです。

ラップ3が最悪、、。

脚が終わっているので

すべての数値が低いのは仕方が無いですが、

ケイデンスだけがラップ2と互角だったのは

おいつきたい気持ちで、

インナーギアを多用したためです。

 

今日のライド全体

走行時間 1:57:16

走行距離 61.4km

獲得標高 416.2m

パワー Avg191.7W Max676W

ケイデンス Avg72.0rpm Max133rpm

スピード Avg31.5km/h Max57.3km/h

 

50km地点は1時間30分40秒でした。

ツール・ド・おきなわは、1時間30分までだったはず。

こりゃ、ヤバいぞ!

あと、2ヶ月で追い込まないと。

2017年9月 9日 (土)

朝練予告

明日は朝練開催します。

いつもの「道の駅もてぎ往復50km」です。

 

リベルタスを7時30分に出発しますので

5分前にはお集まりください。

2017年9月 3日 (日)

朝練報告

今日は5名。

桐谷さん、高石さん、小原さん、田村さん

そして撮影係@大出です。

 

1

ルートはいつもの「道の駅もてぎ往復50km」です。

メニューもいつも通りの「全力ちぎり練」です。

 

逃げの小原さんが先頭で牽き、

残りのメンバーは2番手を交代しながら追います。

が、

初っ端から大出が遅れます。

調子が悪かった、、。

 

同じく千切られた田村さんに前を牽いてもらいながら

信号待ちの前方集団に合流。

 

しかし、芳賀で小原さんのアタック。

桐谷さんだけが反応出来て追いすがるも

途中で千切れてしまう、、。

このアタックは成功して、

道の駅いちかいまで小原さんの単独逃げが成立しました。

 

いちかい休憩後も、小原さんが先頭スタート。

そして、またも桐谷さんが積極的に追う!

今日の桐谷さんは、いつもと違ってました。

 

その後も小原さんに逃げられてしまうのですが、

桐谷さんと髙石さんと大出の3名でローテしながら

もてぎまで追撃。

 

田村さんは今日は調子が悪かったみたい。

帰りも前回のような復活がありませんでした。

 

しかし、髙石さんも、田村さんも決戦ホィールを持っているのに

あえて「鉄下駄」のような練習ホィールで参加しているので

軽量ホィールで楽している大出は

努力が足りないかな~と思ったけど、

50歳過ぎのハンディと考えてもらえればイーブンな条件?

なのです。

 

今日のサマリー (カッコ内前回値)

走行時間 1時間35分44秒 (1時間32分10秒)

走行距離 50.6km (50.9)

獲得標高 282.2m (272.1)

パワー Ave202.9W Max677W (199.2/638)

ケイデンス Ave67.0rpm Max125rpm (74.0/129)

スピード Avg31.8km/h Max55.8km/h (33.2/56.6)

※前回より遅かったけど、疲れは同じかそれ以上、、。

(今日はちゃんと前を牽いてたみたいです。)

2017年9月 1日 (金)

朝練予告

今度の日曜は朝練です。

 

先週は高校生にやっつけられてしまいました、、。

特にこれといった対策はしていないけど

今週は、もうちょっと「根性」で頑張ってみます。

 

リベルタスを7時30分に出発しますので

5分前にはご集合ください。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ