« 朝練予告 | トップページ | 2017年 GEOライドジャパン展示会 ニールプライド編 »

2016年9月17日 (土)

2017年 GEOライド展示会 コメンサル編

最近、作業が忙しくて

ブログの更新が遅れていました。

展示会が終わったら、すぐにアップしたかったのですが。

 

品川インターシティ地下で開催されてた

GEOライドジャパンの展示会場から、

今回はコメンサルを紹介します。

 

強くペダリングしてもリアサスペンションがスクワット現象を起こさず、

パワーロスが少ない、と話題になった「コンタクトシステム」。

大出の使っているMTEA5.1のが初代コンタクトシステムで、

すでに4代目となるコンタクトシステムが出てます。

Photo

もっとも革新的なハイピポットポイントコンタクトシステム。

シュプリームV4に搭載。

重量的には不利だけど、ダウンヒルなら理想のドライブになります。

 

Photo_2

個人的に気になったのがコレ。

メタSX V3 ¥429,800(税別)

旧システムなV3だけど、、、、。

正統派エンデューロ系バイクとしての王道かな?

 

コレ買ったら、まずドロッパー付けて、

ペダルとホィールはどうしようと悩む、、。

 
全然MTB乗っていないけど、見れば欲しくなるのでした。

« 朝練予告 | トップページ | 2017年 GEOライドジャパン展示会 ニールプライド編 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年 GEOライド展示会 コメンサル編:

« 朝練予告 | トップページ | 2017年 GEOライドジャパン展示会 ニールプライド編 »