« ペダリングモニター解釈 | トップページ | 5年目 »

2016年3月10日 (木)

ペダリングモニター解釈、

パイオニアのペダリングモニターを2014年10月から使い続け、

貯まりに貯まったデータを生かすべく、

解析ならぬ、勝手な解釈をしています。

 

ペダリングの上手さが計測できるのがペダリングモニター。

きちんと踏めていれば、ペダリング効率は上がります。

 

しかし、低いトルクや高回転では

あまり効率は良くありません。

 

もちろん、効率の良し悪しは個人差があるので

誰しもが一致するわけではありませんが、

大出の場合はケイデンス60~70前後が効率良いです。

ケイデンスが100を超えると、徐々に効率も落ちます。

 

だからヒルクライムでは、

軽いギア比でペダルをクルクルまわすより、

重めのギア比でぐいぐい踏み込む方が、効率的には良い、、、です。

 

!!!!

 

これって、真波クンですよね。

そっか~、彼のペダリングは正しかったんだ~!

 

※ケイデンスが落ちすぎるのも問題ですが、

 重いギア比でのヒルクライムはヒザを痛めるので注意して下さい。

« ペダリングモニター解釈 | トップページ | 5年目 »

おバカ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペダリングモニター解釈、:

« ペダリングモニター解釈 | トップページ | 5年目 »