« 朝練予告 | トップページ | 朝練報告 »

2016年2月27日 (土)

リベルタスクラブ ジャージ

リベルタスクラブが発足したのは、2002年。

もう、14年前になります。

 

当初からクラブはツーリング班とレース班に分けていました。

 

四万温泉ロードや、シマノもてぎロードレースのような草レースでは一緒に参加して、

ツーリング班はレースの興奮を楽しみ、

レース班は入賞を目指して活躍していました。

 

笠間センチュリーランや霞ヶ浦ハーフセンチュリーランなどでも一緒に参加して、

レース班が風よけになり、ツーリング班はまったり着いて完走を目指しました。

 

当時はまだリベルタスクラブジャージ゙が無かったから

イベントになると人探しは大変でした、、、。

 

同じようなジャージを着た人が、あちこちにいるので

つい間違えてしまう、、。

「このジャージ、珍しいだろ!」

と、言っていた彼。

 

たしかに田舎のサイクリングでは見かけないけど、

レース会場では同じ「珍しいはずのジャージ」を着た人がゴロゴロいます。

 

そりゃ、そうです!

販売元が百枚以上も売っているのですから、

日本中には同じジャージを持っている人がそれだけいるわけで。

 

写真を撮っていてもチーム員と間違えるし、

これはマズイと気が付いて

リベクラジャージ1型が2003年ごろに完成。

 

ジャージの予算を抑えるため、デザインはすべて大出が担当(3型まで)。

慣れないイラストレータで完全版下を作り、

色数で価格を抑えられた当時のパールイズミ「システム2」で

2色刷りで作成。

 

当時、話題だった「茄子アンダルシアの夏」に出てきた

パオパオビール に対抗して

タバタバシガレット と言う架空の会社をスポンサーにしていました。

 

タバタバシガレットのロゴマークについては、

システムUになった3型までプリントされていますが

最新の4型長袖からは無くなっています。

で、

この4型のデザインのみ、パールイズミT氏と大出の合作です。

 

リベルタスクラブのジャージは、常時リベルタスにて販売しています。

クラブ員じゃなくても買えちゃいます。

店頭には展示していないので、スタッフにお問い合わせください。

 

2/27現在のリベクラウェア在庫状況

半袖ジャージ ¥12,800(税別) S M L XL (ブリージングXL)

長袖薄地 ¥13,800(税別) M L (ブリージングXL)

長袖10℃ジャージ ¥14,800 ブリージングのみ M L

4型長袖5℃ジャケット ¥16,800  M L

レーサーパンツ ¥11,500 M L XL

ビブパンツ ¥12,000 M L XL

指なしグローブ ¥5,000 S XL

※ブリージングは横幅が広めになっています。

 

そして、番外。

大出は時々、記念Tシャツなども作っています。

これは5年前に開催したイベントのボランティアへ

感謝の気持ちから配ったヤツ。

Cimg4388


着ているだけで1.0003倍も速く走れる?らしい。

非売品ですので持っている人はレアです。

« 朝練予告 | トップページ | 朝練報告 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リベルタスクラブ ジャージ:

« 朝練予告 | トップページ | 朝練報告 »