« 大出的ブルべ指南 その3 | トップページ | 朝練報告 »

2016年1月 9日 (土)

大出的ブルべ指南 その4

2月6日(土)は、宇都宮ブルべ200kmです。

リベルタスからは、大出と深澤の両スタッフが参加するため

お店は臨時休業となります。

 

さて、大出は過去に

200㎞ブルべに4回申し込み、3回参加し、2回完走、1回リタイアをしています。

参加してみて失敗した件やお勧めしたい件を

今後に参加する人へお伝えしたいと思います。

 

指南その3の内容が薄かったので反省、、。

今回は、出走について

 

もしも100人のサイクリストが同時に出走したら、

スタート地点からしばらくは集団が続き、

その行列の長さゆえに自動車は左折出来ず、

同じく対向車は右折できず、

他の通行の邪魔になる事は想像出来ます。

 

そのような事態を避けるため

ブルべは20~30人に分かれて、5分おきにスタートします。

今回もおそらく20人×5グループ(ウェーブと呼んでます)で

スタートすると思われます。

 

以前の例では、7時スタートの場合でも

第1ウェーブは6時50分スタート、第2ウェーブが55分、

第3ウェーブ7時、第4ウェーブ7時5分、第5ウェーブ7時10分に

なると思います。

 

ここでポイントは

一緒に走りたい人と、同じウェーブに入る必要があります。

 

なぜ?

それは、各自のスタート時刻からの時間計測だからです。

 

例えば、第1ウェーブのAさんと第5ウェーブのBさんが友達で、

Aさんはスタート地点でBさんのスタートを待ち、

その後二人が一緒に走り、同時にゴールしたとしても、

走行タイムはAさんだけが20分遅くなるのです。

ゴール地点到着は13時間30分までの制限時間があり、

下手すれば、Aさんだけ時間切れ、の可能性だってあるわけです。

 

おっと、

そいつは困るよね!! Aさん!

 

で、どうやって出走ウェーブのメンバーを決めるかと言うと、

ズバリ、当日の受け付け順なのです。

 

一緒に走りたい人たちは、

まず森林公園に到着してもバラバラに受付するのではなく、

ひとまとまりになって受付した方が良いのです。

 

今回のポイント

●一緒に走りたい人と、同時に受付をしよう!

 

今回の情報は、ちょっとポイント高いかも。

« 大出的ブルべ指南 その3 | トップページ | 朝練報告 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大出的ブルべ指南 その4:

« 大出的ブルべ指南 その3 | トップページ | 朝練報告 »