« HBD! | トップページ | モールトンAPB »

2015年2月16日 (月)

憧れは、強い自分。

年寄りのたわごとです。

 

 

 

負けた事を悔しがるのは、簡単な社交的表現。

 

もっと強くならなきゃ、

今度こそ勝ちたい、と思うのは、その時だけの単純な感情。

 

じゃあ、具体的に今後はどうやって強くなるつもりですか?

と、聞けば

練習量を増やすとか、特別なメニューをこなすとか、

そんな今までだって出来なかった、

意味のない答えが返ってくる。

 

目指すライバル達は、ず~っと遠くにいる。

強大な彼らを目標にしたって、

1か月程度のトレーニングで逆転できるほどの僅差じゃない。
 

 

打ちのめすべき目標は、

ライバルのあいつらじゃなくて、

昨日の弱っちい自分。

 

 

勘違いしないでほしいのは

よく言う「己(自分)に勝つ」なんて意味の解らない事じゃなくて

今の、自分のすべてを知る事なんだ。

 

 

例えば

昨日の自分は300Wを3分しか維持できなかったけど、

今日は3分15秒維持できた、となれば

昨日より15秒分強くなった訳だ。

おめでとう!
 

 

昨日、腹筋30回を2分かかったけど、

今日は1分55秒で出来た。

強くなったね、おめでとう!
 

 

今日の自分を、まずは分析しよう。

実力を、数値にしよう。

体重、体脂肪、速度、回転数、時間、出力、

なんでも数値にして、

常に昨日の数値を超える。

常に超え続けるために、いろいろな物を失う覚悟が必要だろう、、。
 

 

そして

強くなった自分に自信をもって、大会に臨んでほしい。

若き挑戦者たち、、。

 

 

 

まったくロマンも何もありゃしない、こんな事を書くとは、、。

ホント年老いたな、、。

« HBD! | トップページ | モールトンAPB »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憧れは、強い自分。:

« HBD! | トップページ | モールトンAPB »